美輪明宏 江戸川乱歩に包丁持たせた「16歳の生意気セリフ」

投稿日: 2013年04月07日 07:00 JST

4月5日の『ル テアトル銀座』から、原作・江戸川乱歩、脚本・三島由紀夫、演出・美術・衣装・主演・美輪明宏による伝説の名舞台『黒蜥蜴』が5年ぶりに再演される。女盗賊・黒蜥蜴を追う名探偵・明智小五郎が丁々発止と散らす恋の火花と”究極の対決”。この名舞台誕生のいきさつを美輪さんが語ってくれた。

『黒蜥蜴』の初上演は’68年4月のこと。だか、そのきっかけはさらに20年近くさかのぼるという。昨年亡くなられた中村勘三郎さんの父、十七代目勘三郎さんが、『シャンソンを歌う音楽学校出身の美少年がいる』との情報を聞きつけ、美輪さんがバイトしていたお店に現れたそうだ。

「’51年、私が16歳のときでした。当時、私はそのお店で『枯葉』などをフランス語で歌っていました。勘三郎さんから”フランス語でシャンソンを歌う16歳なんて初めて会った。キミみたいな人間を好きな人がいる”と言って、後日、連れて来られた方が、江戸川乱歩さんでした」

最初に会ったとき、明智小五郎が大好きだった美輪さんは「どんな人?」と聞いてみた。すると自分の腕を指さし「ここを切ったら青い血が流れるような人だよ」と乱歩。”うわ〜、ロマンチックじゃない”と言うと「お〜、君そんなことがわかるのかい。じゃあ、君の腕を切ったらどんな色が出るんだい?」と聞いてきた乱歩に「七色の血が出ますよ」と美輪さんは答えた。

「『面白い。じゃあ、切ってみようか。おい、包丁持ってこい!』とカウンターの店員さんに包丁を持ってこさせたのよ(笑)。私はこの爺さん、本当に切りかねないなと思ったから”およしなさいまし。ここを切ったら七色の虹が出て、あなたの目がつぶれますよ”っていったら、『君いくつだ?』と。”16です”と答えると『16でこのセリフかい。生意気だけど面白い』って(笑)」

それ以来、江戸川乱歩は美輪さんのことをかわいがるようになったという。

【関連記事】

美輪明宏 三島由紀夫に何度も「やってくれ!」と口説かれる

美輪明宏 紅白の反響は「2ちゃんねるで褒めてもらいました」
美輪明宏「世界の軍隊の制服は全てピンクや赤にしなさい」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング