飯島直子 ドラマでは肉食女子役、私生活では“菜食派の新妻”

投稿日: 2013年04月10日 07:00 JST

「撮影では、もうそんなにない胸を必死にあげて寄せて、頑張っています(笑)」

 ドラマ『ラスト・シンデレラ』(フジテレビ系)の制作発表で、こう意気込みを語った飯島直子(45)。昨年のクリスマスに会社経営者の男性(45)と電撃再婚した飯島にとって、今回が結婚後初の民放連続ドラマ出演となる。

「ご主人は不動産業や飲食店などを手がける経営者で、ピッタリめのシャツとパンツを着こなし、とてもオシャレ。温厚な人柄で慕われていますね」(夫の知人)

結婚当日、飯島はマスコミに宛てたファクスで《私をいつも支えてくれ、頼りになる素敵な方です》とコメント。そんな理想のパートナーと結ばれてから3カ月、本誌は幸せオーラを漂わせる飯島の姿を目撃した。
ドラマの制作発表の数日前、彼女は都内の高級スーパーにいた。帽子を目深にかぶった飯島は、足早に店内へ。

「店の真ん中にカートがポツンと置かれていたのですが、ネギやキャベツにニンジンなど、野菜がたくさん積まれていて気になったんです。そのカートのところに戻ってきた長身の女性が飯島直子さんでした。服装は落ち着いた感じでしたが、ひと目でわかりましたよ。キレイなのは、お野菜メインの食生活もあるんですかね」(居合わせた客)

料理好きで知られる飯島。ドラマの撮影で多忙な日々でも、新妻の腕が鳴るのだろう。飯島がドラマで演じるのは“セックス依存症の肉食系女子”。いっぽう、この日の買い物の様子から、新婚の食卓は“菜食”が中心のようだ。

 飯島は今年1月放送のNHKの情報番組に出演した際、最近の生活の変化を次のように明かしている。
「食事を気にするようになりましたね。6キロぐらい太ったので、この3年間でちょっと気にして、野菜スープを摂ったりしています」
 さらに、45歳には見えない若さの秘訣については、
「毎日元気に楽しく生きているのがいいんじゃないでしょうか」
と笑顔で話していた。

ドラマでは、ココリコ・遠藤章造(41)とのラブシーンもあるという。肉食系女子を体当たりで演じることへの挑戦も、“菜食系”新婚夫の理解あってのことなのだろう。

【関連記事】

原因は身近なところに…婚活難民に陥る女性の習慣 前編

堤真一 気になる新妻の素顔“深津絵里似で下ネタにも笑顔”
菊之助 新妻の堅実さ育んだ「鬼平のスパルタ教育」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング