元・男役トップスター4人が語った宝塚の珍ルール

投稿日: 2013年04月14日 07:00 JST

宝塚歌劇団100周年(’14年)に向けて、真琴つばさが原案に初挑戦した舞台『DREAM LADIES』。その内容は、真琴つばさ、湖月わたる、貴城けい、大和悠河の4人が演じる人気グループ”DREAM LADIES”が、解散後10年たった今、再会し、また新たな夢に向かっていく物語だ。1幕は4人の宝塚時代の映像がバックに流れるなか芝居を、2幕は宝塚のレビューをほうふつさせるショータイムとなっている。

稽古場で現役時代と変わらぬ動きをみせる元タカラジェンヌの4人に、宝塚時代の思い出を聞いた。宝塚音楽学校といえば、規則が厳しいとよく耳にする。当時はつらいこともあったのではないだろうか。

真琴「今は笑い話なんですけど、学校時代、上級生に囲まれて『あなたの顔、怒りたくなる顔なのよね』って言われたの。宝塚=夢の世界=フェアリーな顔で、ってことだったけど、私の顔は真逆だったから。後でこの顔がクールってことで評価されたんだけれど」

大和「あのころは掃除もきっちり細かくやることを教わりましたね。当時は何やってんだろう、なんて思ったけど、そのおかげで今があるんだと思います」

湖月「星組は、パーカなどを腰に巻くのが禁止だったんですよ。見られても大丈夫な美しい腰をつくるために!」

貴城「だらしないからってダボダボのスウェットもダメだった!」

大和「月組は自分の体を知るように、ってシャツを必ずズボンのなかに入れなくちゃいけなくて。嫌だったな〜あのときは」

4〜5月にかけて東京公演のほか地方公演も決定している、舞台『DREAM LADIES』。ぜひ、ご堪能あれ。

【関連記事】

真琴つばさ 昼ドラでテレビドラマ初出演にして初主演!

湖月わたる NY発のダンスショー『エレクトリック・シティ』に出演
湖月わたる 舞台『愛と青春の宝塚』でリュータン役を熱演

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング