「日本でもっとも聞かれているラジオ番組」人気の秘密

投稿日: 2013年04月19日 07:00 JST

TBSラジオの看板番組『大沢悠里のゆうゆうワイド』(毎週月~金曜午前8時30分~午後1時)。2月末に放送7千回を突破し、4月8日に28年目に突入した。首都圏での聴取率は1位(’12年12月調べ。ビデオリサーチ首都圏ラジオ個人聴取率)で、まさに「日本でもっとも多くの人に聞かれている」ラジオ番組だ。

そんな『ゆうゆうワイド』の人気の秘密を探るため、4時間半の生放送が行われるスタジオにお邪魔した――。水曜日の午前7時。TBSラジオでは、番組のメインパーソナリティを務めている大沢悠里(72)が、すでに新聞を読んでいた。

「朝4時半に起きて、6時に事務所へ。着替えて、ゲストの資料などを持って局に入ります。新聞や資料を読んで、7時半から朝食を食べながら打ち合わせをして、本番です」(大沢悠里・以下同)

8時を回り、本番が迫る。生放送ならではの緊張が……と思いきや、出演者、スタッフともリラックスした様子。大沢は「昔は『さぁ、今日も!』って、ギンギラギンな意気込みがあったけど、今はないんだよ。『4時間半、もつかな』という感じ」と笑う。

スタジオには、ゲストや気象予報士、ラジオショッピングの担当者などが次々と出入りする。印象的だったのが、ゲストが到着すると、生放送の合間に外まであいさつに行く大沢の姿だ。「本日は『女性自身』が取材に来てくれています」と、生放送中に取材班の紹介までしてくれた。

「ラジオは面白くしなきゃ。本番中に思いつきでエッジのきいたことを言ったりね(笑)。ただ、たまに僕が変なこと言うと、スタッフがピシャッと『ただいま一部、お聞き苦しい点がありました』というのを流すんだよ。『いやだね~ここのスタッフは』と返すことで、番組を身近に感じてもらえるかなと。気取らないことが大事だよね」

遊び心で番組を楽しむいっぽう、締めるところはしっかり締める。取材に訪れたこの日は午前中、電車が運休するほどの強風が首都圏を襲った。進行表の合間を縫うようなタイミングで、何度も交通情報を伝える。4時間半の生放送中、トイレに行く時間も限られる。昼食は、サッと食べられるものだけ。本人いわく「4時間半、声を出して本を読み続けているようなもの」というハードワークだ。大沢にとって、ラジオとは?

「好きなもの、好物ですね。小学生になる前からラジオが好きで、ずっと聴いていました。だから『ゆうゆうワイド』は、好物を食べているようなものだね。楽しくないとやれないよ。その代わり、たいへんなこともありますから。毎日、資料を渡されて……ってそりゃ、疲れるよ(笑)」

【関連記事】

笑点が“年間視聴率1位”になった秘密

『東京ディズニーシー』が10倍楽しくなる「5」の秘密
お茶の間大興奮 NHKがダイオウイカを撮影できた秘密は

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング