89歳で映画初出演… 赤木春恵「40歳で花開くと信じていた」

投稿日: 2013年04月28日 07:00 JST

 16歳でデビュー後、40歳で花開くと信じて演じてきた。『渡る世間は鬼ばかり』のキツイ姑役などの脇役で注目された赤木春恵さん(89)。そして40歳を軽く越えて、33年ぶり、89歳でつかんだ映画初主演。認知症の母を介護する息子を描く感動作『ペコロスの母に会いに行く』。事務所の仕事もする娘の介助を受けながら、赤木さんは車椅子で前を向いて歩み続ける。

「母のトラヨは80歳を過ぎて関節リウマチにかかり、転んだことが原因で、しだいに動けなくなりました。大好きな母でしたから、家事も一切せず、母の部屋にポータブルトイレとテレビを置き、食事も上げ膳据え膳。私としては精いっぱい快適な楽隠居をしてもらいたかったのです」

『ペコロス〜』の大きなテーマは介護。赤木さんも実母で介護を経験していた。楽隠居をと思っていた赤木さんだったが、家を空けて戻ってくると、仏壇のマッチの燃えかすが部屋に散乱していたり、絨毯に焦げ跡ができていたりするようになる。母・トラヨさんに薄いボケが始まっていたのだ。悩んだ末に公的な老人福祉施設へ入れた。送り出す最後の夜がつらかった。布団の中で涙が止まらなかった。

「ところが、いざホームに入ったら、母はベッドの中からにこやかに迎えてくれて。もっと早く連れてきてあげればよかったと後悔しました。動けなくなった母は家でいつも『あ〜、つまらない』とこぼしていました。それに対して私は『誰だって、そんなにいいことばかりありませんよ』なんて言っちゃっていましたから。かわいそうなことをしました」

 その母も’75年に鬼籍に入っている。’91年4月には、戦後の過酷な時代から45年間、共に走り続けた同志とも呼べる夫・小田賢五郎さんを肺がんで亡くした。2012年11月には、16歳で出会った無二の“心友”森光子さんも逝った。自身も80歳で糖尿病を患い、83歳で乳がんを手術。ひたひたと押し寄せる老いを感じないわけはない。81歳で一度『渡鬼』を卒業し、おととしは舞台の引退宣言もした。

「来年は90歳ですよ。自分がどんな状態か、肉体に問いかけてみてもわかりませんというのが正直な気持ち。最後まで元気に演じられるのかという不安感はいつもあります。母のように、自分では気付かないうちに、わからなくなっているのでは?という不安もときどきありますよ」

 赤木さんは130本の映画に出演してきたが、’70年代からはテレビと舞台が中心で、ほとんど映画をやっていなかった。古巣へ戻った喜びに、赤木さんの目は輝いていた。

「映画で、しかもこんなたくさんアップを撮られたのは、本当に久しぶり(笑)。また主役でね。青天のへきれきですよ。ただ、不思議と緊張はしませんでしたね。若いころは本番が怖かった。なんともいえない緊張感があった。でも、今回、やはり懐かしいんですね」

 赤木さんは柔らかくほほ笑んだ。

【関連記事】

脱サラ俳優・佐藤二朗 キー局ドラマ初主演をつかむまで

真琴つばさ 昼ドラでテレビドラマ初出演にして初主演!
元文科官僚が退職金はたいて作った“R-18映画”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング