「私、山口百恵です」女性自身編集部への電話の理由

投稿日: 2013年05月07日 07:00 JST

 昭和を代表するスター『山口百恵』がデビューしてもう、40年。本誌はデビューからずっと、百恵さん(54)に迫り続けてきた。ときには電話をもらい、ときには諭され、ときには逆に追いかけられて……。あのとき書けなかった『女性自身』“百恵番”記者が初告白する、百恵さんの実像。

「あの……、山口百恵のコラムを担当している記者さんはいますか?」と電話がかかってきたのは、夜型の編集部内にはほとんど人けのない平日のお昼のことだった。

 1979年。当時、人気絶頂だった歌手・山口百恵への『おせっかいレポート/山口百恵さん以外の人は読まないでください!』と、題された100行足らずのコラムがあった。担当は“百恵番記者・山口百吉”を名乗る福田雅夫記者(57)だ。3年目という駆け出しの実用班記者だった彼は、百恵さんのデビューからのファンでもあった。

「当時の担当編集者が『すごく個人的なコラムをやってみないか』と言いだして。その年の2月から31回、百恵さんがいちばん知りたい情報をレポートしていたんです。その電話がかかってきたのは、百恵さんが尊敬してやまないシャンソン歌手・金子由香利さんを取材して、コラムに書いた直後でした」(福田記者)

 もちろん、午前中に福田記者はいない。電話に出たのは、たまたま在室していた当時の編集長だった。彼の不在を伝えると、一瞬のためらいのあと電話の女性はこう言った。

「……私、実は、山口百恵です。私も連載を楽しみに読んでいます」

 いまよりはずっと、芸能界と週刊誌の距離が近い時代だったが、トップアイドルが直接、編集部に電話してくるなど前代未聞のことだった。そのこと一つとっても、山口百恵は、芸能人としてだけでなく人間として、特別な光を持っているように思えるーー。

【関連記事】

山口百恵 引退から32年…渡辺真知子が語るプレイバック秘話

結婚33年目の百恵さんがキルトに込めた「変わらぬ乙女心」
百恵さん 独占公開!「結婚30周年」守り続けた“夫婦の誓い”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング