市川染五郎「娘は音楽の道に」教材は“松たか子のDVD”

投稿日: 2013年06月03日 07:00 JST

 4月2日、新装成った歌舞伎座こけら落とし公演の初日。第1部第1幕目――すなわちまだ誰も足を踏み入れていない新歌舞伎座の舞台に、いちばん最初に登場した七代目市川染五郎(40)。今回は父親として、長男(8)、長女(6)について語ってもらった。

「息子は1歳になるかならないころから獅子のまね事をしたり、高麗屋でいちばん重要な『勧進帳』の武蔵坊弁慶を見て六方を踏んで遊んだりしていました。親としてはうれしかったですけど、反面不思議でした。『やはり息子の体にも歌舞伎役者の血というか、DNAが受け継がれているんだな』と思いましたね」

長男は’09年、四代目松本金太郎として、4歳で初舞台を踏んだ。スパルタ教育はしないが、「家にいるときは体のことを気にしたり、痛い、かゆい、といくら言ってもいいけど、楽屋に入ってからは何があろうと何も言うな」と常に言い聞かせているという。

「4月の、歌舞伎座のこけら落とし公演には、今年小学3年生になった息子も出ていました。学校を終えて楽屋入りするまで1時間ほどあったので、その時間を利用して息子と歌舞伎座界隈をぶらぶらと。勝鬨橋まで歩いて『揺れるから怖いね』と言ったり、晴海埠頭の展望台に上ってみたり……。息子と2人きりで何の目的もない時間を過ごすことは、そうあることではないですからね」

長女は長男と一緒に踊りの稽古をしているが、仕事につながる長男とは違い、娘の場合はあくまで“お稽古事”でしかない。そこで父親は、「音楽の道に進んだほうがいいのでは」と思い、ピアノを習わせているという。

「将来的には自分で曲を作ったり、歌ってくれるといいですね。“教材”として、まず手始めに歌手でもある妹・松たか子(35)のDVDを見せて、そのあと、僕がファンだった松田聖子さんのDVDを見せようかなと思っています(笑)」

【関連記事】

市川染五郎 父・幸四郎がひた隠す「特別室の重篤姿」

市川染五郎 復帰舞台「勘三郎さんを悔しがらせたい」
染五郎 血まみれ惨劇の陰に「高麗屋の宿縁」「歌舞伎座の呪い」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング