堺雅人 動と静の演じ分けが評価も本人は「有功寄りかな」

投稿日: 2013年06月03日 00:00 JST

6月3日、都内で『第50回ギャラクシー賞』の授賞式が行われ、俳優の堺雅人(39)が『テレビ部門個人賞』を受賞した。

ギャラクシー賞は、放送批評懇談会が日本の放送文化の質的向上を願って設置した賞で、堺は『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)、『大奥』(TBS系)での演技が評価された。

堺は受賞の喜びを聞かれ「ドキュメンタリーやラジオなど、いろいろな分野の方々とこの場に立つことができてうれしいです。放送にはいろいろな種類がありますが、フィクションでしか語れない言葉、ドラマでしか伝えられない情報もあると信じて、それを励みに新しいものを作っていきたい」と語った。また喜びを伝えたい相手は「ドラマのスタッフや、大奥でお世話になった京都の方々」だと笑顔で話した。

受賞の決め手となった2作品で演じたキャラクターは正反対の性格。堺は「動と静の役をいただきました」とコメント。司会者から、堺自身はどちらの性格?と聞かれると、「真中で、やや有功寄りでしょうかね」と話し笑いを誘っていた。

(撮影/小山伸正)

【関連記事】

男女逆転版だけじゃない! 時代を彩った『大奥もの』歴史

菅野美穂 電撃婚のきっかけにロケの合間の”読書トーク”
性作法にガールズラブ…大奥よりスゴイ「朝鮮王朝」裏歴史

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング