奥大介容疑者「サッカーが嫌いに…」と苦悩打ち明けていた

投稿日: 2013年06月12日 07:00 JST

サッカー日本代表がW杯5大会連続出場を決め、歓喜に湧いた2日後の6月6日。元サッカー日本代表の奥大介容疑者(37)が恐喝容疑で逮捕されるという信じられないニュースが飛び込んできた。奥容疑者は、妻で女優の佐伯日菜子(36)に電話し「今からお前を殺しに行く!」と脅迫。さらに、6年以上に渡って凄惨なDVを続けていたという。

94年にジュビロ磐田に入団した奥容疑者は、98年に日本代表に初選出。02年に横浜Fマリノスに移籍すると翌年からキャプテンとしてチームを牽引。年俸は1億円近くあったとも言われていた。だが、そんな彼に転機が訪れる。04年に日本代表を外されると、06年にはマリノスから戦力外通告を受けたのだ。このころからDV行為は日常化していたという。

07年に再起を誓い横浜FCへ移籍したが、シーズン終了後に引退。翌年から横浜FCのテクニカルアドバイザーや強化部長を歴任するなど裏方でチームを支えていた。だが今年1月末、体調不良を理由に突然の退団を決意。その後は地元・兵庫県尼崎市にあるお好み焼き店で働いていたという。いったい、何が彼を追い詰めていたのだろうか。16年の親交があったお好み焼き店の店主はこんなことを打ち明けてくれた。

「大介さんは『指導者の仕事は、自分には合わない。あんなに好きだったサッカーが嫌いになりそうだ……』と悩んでいたんです。強化部長になると“どの選手を戦力外にするか”を決めなければならない。でも大介さんは『戦力外を伝える際に選手の家族の顔が浮かぶんだ。辛くて仕方がない。俺は、人を裁く側にはいたくない』と言っていました。最後は精神的に参ってしまい、体調も崩していたようです」

横浜FCに移籍してでも現役にこだわったにもかかわらず、引退することになった奥容疑者。戦力外を伝える選手にかつての自身の姿を重ね合わせていたのだろうか。事件のきっかけは、6月3日に起きていたという。店主が続ける。

「大介さんは『嫁とケンカした』と言って、店も休んでいました。日菜子さんからも電話があったので、2人に『お互い冷静になって話し合って』と言いました。その後、大介さんが『大丈夫。もう心配せんといて』と言っていたので安心していたんです。そうしたら、その夜に逮捕のニュースが……。大介さんは『将来は、子供たちにサッカーを教えたい』と言っていましたが、今回の逮捕で夢は遠のいてしまった。そう思うと残念でなりません」

逮捕後、報道陣に囲まれ警察署へと入っていた奥容疑者。そのとき着ていたTシャツの肩には、絶頂期だった横浜マリノス時代の栄光の背番号14が描かれていた――。

【関連記事】

遠隔操作犯に酒鬼薔薇…「’82年生まれ」に容疑者続出の理由」

六本木襲撃犯の実家会社に銃弾が…背景に関東連合の分裂
阿部寛 みのもんたに慰められ…夜の銀座で”苦悩のやけ酒”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング