故・小野ヤスシさん逝去から1年「遺骨はまだ家に…」と妻

投稿日: 2013年06月28日 07:00 JST

 昨年6月28日に腎うがんで逝去した小野ヤスシさん(享年72)の一周忌の追悼セレモニーが、加藤茶(70)や左とん平(76)らが発起人となって、東京・グランドプリンスホテル高輪で開催される。その直前、妻・芳子さん(56)が本誌に胸中を告白してくれた。

「遺骨はリビングにしつらえられた祭壇の上に、十字架やろうそく、遺影や運転免許証、車のキーなどとともに置いています。主人はトンカツやカレーライス、牛丼などシンプルな料理が好きで、食事の際、『パパが好きだったね』って、祭壇にトンカツをお供えすることもあるんですよ。月命日には家族で欠かさず、手を合わせています」

 小野さんは、日本聖公会という教派のクリスチャンで、バルトロマイという洗礼名も持っていた。’64年のドリフターズを脱退後、ドンキーカルテット結成に向けて動いていた矢先に、出会った神父に感激し入信したそうだ。そのため小野家は全員がクリスチャンで、たまの週末には一緒に近所の協会へ礼拝に通っていたという。

 鳥取には小野さんの両親のお墓があるが、意外にも小野さんは遺言で、「その墓には入らない」と拒否したそうだ。

「決して、不仲なわけではありません。『東京から遠い鳥取へ行ってしまうと、みんなの足が遠のいてしまうだろう。俺はいつも、お前たちに会いにきてもらいたいから東京に近い墓がいい』と病床で話していたんですよ。なので、お墓は御殿場の『冨士霊園』にしました」

 小野さんは末期がんにもかかわらず、’12年3月には加藤茶の結婚式の司会を務め上げた。そして、家族の前でも常に弱みを見せようとはしなかったが、胸中には不安を抱えていたようだ。

「息を引き取る20日ほど前、主人が病室に神父様をお呼びしていたんです。後から神父様に聞いた話ですが、主人は『僕のような男でも神様のもとへ行けますか?』と訪ね、神父様が『神様は寛大な方です。きっと天国へ行けますよ』と答えると、主人はホッと安らいだ笑顔を見せたそうです」

 そして、小野さんは「笑って死にたい」という願いをかなえて、静かに息を引き取った。

「一周忌の追悼セレモニーは、主人らしく、明るく楽しむことがコンセプトです。準備に追われるおかげで、つらいことを忘れさせてくれます。主人は、私を元気にするための用事を作ってくれたんでしょうね」

【関連記事】

小野ヤスシ 妻が明かした出生秘話「生まれ故郷は北朝鮮」

がん名医が末期がんで逝去…家族に残していた“最期の手紙”
ちあきなおみ 逝去から20年・・・夫の命日に「墓前で大号泣」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング