『風立ちぬ』作画監督が語る「宮崎駿ってこんな人」

投稿日: 2013年07月19日 07:00 JST

 いよいよ7月20日に公開となる、宮崎駿監督最新作『風立ちぬ』。映画は、大正から昭和へ、1920年代の日本を舞台に零戦の設計者・堀越二郎と薄幸の少女・菜穂子との出会いと別れを描いた作品となっている。

『風立ちぬ』の作画監督・高坂希太郎さん(51)は、数多くのスタジオジブリ作品の制作に作画監督や原画として関わってきたアニメーターだ。高坂さんは宮崎監督をこう語る。

「宮崎さんだって、機嫌のいい時はダジャレや下らない冗談でよく笑います。少年のような笑顔でニカーッと(笑)。失敗談や物まねのような笑いが多いです。マンガチックな動きをしたり、盆踊りっぽい踊りをしたり、けっこう体で表現するタイプ」

 まだ、話したあと、チャンカチャンカとか歌ったり、踊るようなポーズをとることもしばしば。そういう時は極論やきわどい話のあとが多いので、緩衝材的な意味合いなのだと高坂さんは思っているという。『風立ちぬ』の制作現場での宮崎監督はどうだったのだろうか。

「C60という飛行機が飛び立つシーンがうまくいったときは、チャンチャカチャーンと、サンダーバードの曲を歌ったこともあります。奥さんの話もたまにします。このまえ、『奥さんに逆らってもしようがないから、家では言われるまま』と言っていました。ああ、僕と同じだなあ、と思いました」

【関連記事】

ゼロ戦の生みの親…『風立ちぬ』主人公モデルの激動人生

窪田将治 自分自身を主人公に投影・・・最新監督作のテーマは「女装娘」
YOSHIKI X JAPANと手塚治虫アニメと夢のコラボ実現!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング