スザンヌ、ラサール石井…あの有名人の実家が営む飲食店

投稿日: 2013年08月29日 00:00 JST

 スザンヌの母・キャサリンこと藤本清美さんが’02年11月、熊本城から徒歩約10分の花畑町にオープンしたのが、立ち飲みの『キャサリン’s BAR』。ランチも「おいしい!」と評判で、ランチのみの「ハヤシライス」(¥800)はスザンヌも大好きな幻のメニューだとか。

 スザンヌがすすめるのは、幼いころからよく作ってもらった筑前煮(¥400)。

「献立に迷ったときは必ずこの筑前煮を作っていましたね。子どものころはもりもり食べていました。あの子が旦那さんと付き合ったくらいのころ、作り方を教えてあげたら、これが得意料理になってましたね」(キャサリンさん)

 手作り筑前煮は数に限りあり、1日20皿の限定メニューだ。今や「熊本のホットスポットといえばキャサリン’s BAR」といわれるほど、観光客の人気立ち寄りスポットとなっている。

 ラサール石井の祖父は、かつて大阪市の公設市場で煮豆屋(お惣菜屋)をやっていた。それをルーツに23年前実家のあったこの地で、兄の代から始めたうどん屋が『帝塚山 めん処 いし井』だ。自家製麺と2種類のカツオや昆布で作った特製のだしは、祖父から引き継いだもの。

「弟もこのシンプルなだしが大好物で。開店時に手伝いに来てくれたときは、お客さんから『おい、兄ちゃん!きつねはこっち』『ラサールはどこにおんねん』などと言われ、弟はすっかり店員になっていましたね」という兄・巧さん。今でも惣菜屋時代のなごりで、夜には『牛すじ』や『どて焼き』(ともに¥500)など手作りのお惣菜がカウンターに並ぶ。

 先日ラサールが大阪で舞台があったとき、『きつねうどん』(¥600)を55人分差し入れたところ、共演した女優さんはあまりのおいしさにだしを持って帰ったそうだ。祖父から伝えられた心温まるうどんは、ラサールにとって、いつまでもホッとする味のようだ。

【関連記事】

スザンヌ ”転身”告白「主婦って大変。お給料欲しいくらい(笑)」

ラサール石井 結婚32年目“糟糠の妻”との熟年離婚を直撃告白!(スクープ写真あり)
お嬢さまぞろいの女子アナ…“実家がいちばんお金持ち”は誰?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング