劇団四季 加藤敬二が語る60周年の“おもてなし”舞台

投稿日: 2013年09月30日 00:00 JST

 9月26日、四季芸術センター(横浜市青葉区あざみ野)にて、『劇団四季ソング&ダンス60ようこそ劇場へ』の稽古場見学取材会が行われ、終了後、構成、振付、演出を担当する劇団四季のトップダンサー・加藤敬二が取材に応じた。

同作は、劇団四季のミュージカルのナンバーをオリジナルの演出で再構成する、歌とダンスのショー形式のステージ『劇団四季ソング&ダンス』シリーズの最新作。今回は、創立60周年の記念公演として、『ライオンキング』『アイーダ』『美女と野獣』などの海外ミュージカルに加え、ファミリーミュージカルや昭和三部作などの四季のオリジナル作品のナンバーを数多く盛り込む予定だという。

――その日ごとに変わる演出があるということですが?
(加藤、以下同)「2幕のナンバーです。舞台に4つの扉を並べ、お客様に多数決で1つを選んでもらいます。選ぶ扉によって披露するナンバーが違うのです。キャスト自身も4つの曲からどの曲が選ばれるかわからないので、選ばれてから衣装を着替えて準備をします」

――8月から全国64都市を巡る公演として『劇団四季ソング&ダンス60感謝の花束』が始まっていますが、今回の『ようこそ劇場へ』との違いは?
「“お客様への感謝の気持ち”というコンセプトは一緒。ただ、全国ツアーの場合、会場の都合で装置的に可能な演出、難しい演出があります。また、全国のお客様はファミリーミュージカルを観てもぴんとこない方が多いと思います。ですから、四季劇場[秋]で公演する『ようこそ劇場へ』ではファミリーミュージカルを多く入れますが、全国を回る『感謝の花束』ではメガミュージカルや『ジーザス・クライスト=スーパースター』のような、これまで全国で回っているナンバー中心に披露しています」

※『劇団四季ソング&ダンス60ようこそ劇場へ』東京・四季劇場[秋]にて10月13日開幕

撮影/夛留見彩

【関連記事】

劇団四季のキャストが明かす「ライオンキング」5つの秘密

チケット入手困難必至『リトルマーメイド』3つの見どころ
劇団四季 オペラ座の怪人が冬の丸の内を照らす!

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング