“NGワード”が?『あまちゃん』DVDでカットされたシーン

投稿日: 2013年10月08日 00:00 JST

 早くも『続編を!』の声があがるほど、いまだ衰えないNHK連続テレビ小説『あまちゃん』旋風。“あの感動をもう一度”と、さっそくDVDを購入した人も多いはず。ところが、あまちゃんファンから、こんな疑問の声が上がっている。

「じつは、春子(小泉今日子)が娘のアキ(能年玲奈)に、自分がなんでアイドルを目指したかという話をする、印象的なシーンがあるんですが、なぜか違和感があるんです」

 くだんのシーンは第7週「おらのママに歴史あり」の第38話。アイドルのポスターやレコードに飾られた春子の部屋で、春子がアイドルの歴史について語り出す場面だ。

 春子が「み〜んな夢中だったのよ、聖子ちゃんには。何しろ歌がうまい!もちろんかわいい!」と言ったあとしばらくセリフが途切れ、まるでその空白を埋めるように『青い珊瑚礁』を歌う聖子の映像と歌が流れる。その後、映像だけがスローモーションに切り替わり、いくつかのセリフが続いて春子とアキのやりとりが復活。ほんの数秒だが、たしかに違和感がある。

「劇中とはいえ、小泉今日子が松田聖子を語るという貴重な場面で、オンエア当時も話題になったものですが、じつはDVD化にあたり、聖子側の抗議によって一部のセリフがカットされたそうです」

 そう語るのは芸能プロダクション関係者。実際に本放送と見比べてみると、「ぶりっ子って言葉の語源は聖子ちゃんだからね。かわい子ぶっているのに同性に嫌われない。むしろ憧れの対象だったわけ」という小泉今日子のセリフが、まるまるカットされているのだ。『完全版』と銘打っているDVDボックスだけあって、残念なばかり。

「聖子側はこの『ぶりっ子』という言葉に過剰に反応したようです。通常、楽曲や映像を使用する際、著作権が発生するため、権利を持つ側にテレビ局が許諾を得ます。聖子の映像が流れたのも、ちゃんと許諾をもらったからでしょう。ところが今回、まさかセリフに抗議がくるとまでは思っていなかったようです」(前出・同関係者)

 この件に関して、聖子の事務所から期日までに回答はなかったが、NHK広報局は、文書で次のように回答した。

「制作上の理由で、ご指摘のセリフはDVDに入っておりません。松田聖子さんからのクレームがあったという事実もありません。放送した番組をDVD化する際に、制作上の理由などで、放送した番組を一部編集することはこれまでにもあります」

【関連記事】

録画で、次の朝ドラで…みんなの『あまちゃんロス』解消法

あなたは大丈夫?『あまちゃん』ロス度チェックリスト
能年玲奈 CMギャラ倍増!『あまちゃん』の“じぇじぇじぇ”な効果

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング