山崎豊子さん “生涯作家”貫いた陰に「結婚31年夫の遺言」

投稿日: 2013年10月13日 07:00 JST

9月29日、作家・山崎豊子さんが呼吸不全のため亡くなった。享年88。週刊新潮に連載中の『約束の海』はすでに第一部20話を書き上げていたという。彼女の才能を見出した名物編集者・斎藤十一氏(享年86)から「あなたはペンと紙を持って棺に入るべき人だ」と言われた通りの最期だった。

そんな山崎さんが引退を決意したことがあった。中国残留孤児についての取材を重ねた末、91年に『大地の子』を書き上げた後のことだ。実は当時、彼女は大きな岐路を迎えていたという。夫で画家の杉本亀久雄さんの持病だった糖尿病が悪化し、入退院を繰り返すようになっていたのだ。

「杉本さんは病床でも絵筆を取り続けていました……」と語るのは、杉本さんと親交のあった日動画廊の社長・長谷川徳七氏だ。杉本さんは山崎さんが毎日新聞社で勤務していたころの先輩だった。61年に結婚した後、妻と同じように退職して画家へと転身。そんな夫を、山崎さんはいつも応援していたという。

「4回ほど彼の個展を開きましたが、いつも必ず山崎さんがお見えになっていました。妻として振る舞うというよりも、温かく見守るという感じでしたね。でも、次第に杉本さんが病に伏せるようになってしまって……。彼は最後まで『まだまだ描きたいんだ』と言っていたそうです」

杉本さんは92年に71歳で死去。31年連れ添った夫の最後について、山崎さんはこう明かしている。

《息絶える直前、唇がわずかに動き、数語つぶやきました。(中略)目に残るのは、死に顔より、白い寝具の上に置かれたスケッチブックとクレパスです。病床で、死ぬ間際まで描き続けていました》(週刊新潮92年6月25日号)

「描きたい」と最期まで願った夫からの“遺言”を受け取った山崎さん。その後、彼女は引退することなく『沈まぬ太陽』や『運命の人』などの話題作を執筆し、「生涯作家」であり続けた。長谷川氏がこう続ける。

「山崎さんは夫の葬儀でも気丈に振る舞い、決して涙を見せませんでした。芸術家とは、どれだけ作品を残しても『まだ描きたい』という思いが溢れてくるもの。杉本さんがそうでした。山崎さんもそんな姿を見ていたからこそ、執筆を続けられたのかもしれませんね」

【関連記事】

故・山崎豊子さんの意外な一面「恋愛はロマンチックに」

林真理子が若者世代に喝「成功には妄想力が大事です」
人気男性作家5人に聞いた「大切な人に贈りたい本」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング