浅田真央 母三回忌欠席を決心させた“ソチ五輪への誓い”

投稿日: 2013年12月04日 07:00 JST

「真央、またテレビカメラの前で鼻かんでたね!駄目じゃない!」

 浅田真央(23)が自己最高得点で優勝した11月上旬の「NHK杯」。その演技の直後に、彼女は姉・舞(25)からこう叱られたという。

「これは、2年前に48歳で亡くなった母・匡子さんが、事あるごとに浅田選手に注意し続けていたことなんです。『一流のスケーターである前に、一流のレディでありなさい』というのが、匡子さんの教えでした。他にも『演技の後、席に座るとき膝を閉じる』『観客やテレビカメラの前で、がに股歩きは絶対だめ』といったことも注意していました」(スケート関係者)

 そんな匡子さんが急逝したのは、2年前の12月9日。三回忌にあたる今月9日は、浅田にとってGPファイナルの終了翌日。

「当初は浅田家全員で、お墓参りする予定だったそうです。でも真央ちゃんは『お母さんのお墓には、全日本選手権が終わってから行きたい』と強く希望したんです。それで、当日はお父さんと舞ちゃん、そして匡子さんの姉に当たる伯母さんの3人で行くことにしたようですね」(浅田家の知人)

“最愛の母”の三回忌“欠席”を決めた理由とはーー。

「ソチ五輪の代表が正式に決定するのは、GPファイナルの後、12月末の全日本選手権です。真央ちゃんは、『全日本で優勝してソチ五輪出場決定の報告を墓前にするほうが、お母さんはもっと喜んでくれるに違いない』と、考えているのです」(前出・浅田家の知人)

 彼女は今、ソチ五輪に向けて、まっしぐらの毎日を送っている。連日朝の6時には中央大学のリンクに姿を見せ、遅いときには夜の11時までリンクにいる。母に「ソチ五輪への誓い」を立てる浅田。

「GPファイナルがゴールじゃない。真央の目標はソチ五輪で、いちばん高い所で表彰されることでしょう?」ーー彼女には、そんな“天国の母”からの励ましが聞こえているのかもしれない。

【関連記事】

浅田真央 ソチ五輪金メダル誓った「姉の結婚宣言」

浅田真央 優等生のはずが留年…卒業を甘く見ていた理由
引退宣言・浅田真央が“カラオケに誘うボーイフレンド”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング