『進撃の巨人』作者「漫画家の夢は隠してました」

投稿日: 2014年01月18日 07:00 JST

 破竹の勢いで売り上げを伸ばし続ける少年漫画『進撃の巨人』。’13年にアニメ化、’15年には実写映画化が決定している。現在、累計部数2800万部を突破。連載“中山秀征の語り合いたい人”、今回はその作者、諫山創さん(27)が自らの原点を語ってくれた。

諫山「僕が生まれ育ったのは大分の田舎の小さな町です。極端な盆地で、夏はとてつもなく蒸し暑く、冬は心底寒い過酷な土地柄。僕の町は県境の山奥。実家から見える景色はそびえ立つ山で、壁の内側という感じでした。『山の向こうはどうなっているのか』『ここから出たい』と『進撃の巨人』の主人公が思っていることは、僕もずっと抱き続けた思いでした」

中山「そんな地元で高校まで過ごして、福岡の専門学校に進学したんですよね」

諫山「親に『漫画家になりたい』と言えず『家具や家電のデザインをするインダストリアルデザイナーになりたい』と言って、専門学校に進みました。当初の計画どおり、親には内緒で漫画学科に転科したのですが、その直後に通知が行っていたらしく、親はわかっていたんです。僕もバレてるんだろうなと思いつつ、自分からは言えなかった。高校生のときに描いていた漫画も、親には隠してました」

中山「それじゃあ、親は漫画を描いていることすら知らなかった?」

諫山「いえ、バレました。高校生のとき、机に置きっぱなしにしたものを見られて、父には『絶対になれないから、漫画家なんて目指すな』と叱られました。必死に隠していたので、エロ本が見つかるより何倍も恥ずかしかったです(笑)」

中山「えー!なんで恥ずかしいの?夢を持ってやっていることだし、漫画を描くことが悪いことではないでしょ?」

諫山「父に見つかったときは、全く何も言い返せずに、ただ恥ずかしくて硬直していました。漫画家にはなれない可能性が高いことをわかっていたので、最初から言わなければリスクを背負う必要はない。絵を描くことが好きだという以外は得意なことがない自分をこれ以上さげたくないという思いから、必死に隠していましたね」

中山「不言実行もカッコイイですよ!東京には、来る前に腹をくくって出てきたのか、来てから腹をくくったのか、どちらですか?」

諫山「専門学校を卒業して、『腹をくくるために、自分を追い詰めるために東京に来た』感じです。自分を知っている人がいない、新しい場所に行きたかったというのもありました」

中山「ご両親は、何と言ってました?」

諫山「喜んでいました。父は『安定した仕事をやれ』と言っていましたが、僕が知らない場所へ行き、さまざまな経験をすることは推奨していましたので。19歳のときにMGP(マガジングランプリ)で佳作をとって、初めて自分の口から『漫画家として生きていきたい』と両親に伝えられました」

【関連記事】

週末号泣でデトックス 漫画編集者が選ぶ泣けるコミック

橋下徹の半生を追い続けた作家「彼は田中角栄以来の逸材」
安倍政権で漫画、アニメ、ゲームから性表現が消えると識者

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング