佐村河内守「2千万円マンションを現金一括」のセレブ生活

投稿日: 2014年02月10日 00:00 JST

2月6日に行われた桐朋学園大学非常勤講師・新垣隆氏(43)の会見。彼の口から飛び出したのは『交響曲第一番 HIROSIMA』で知られる全聾の作曲家・佐村河内守(50)の捏造人生だった。新垣氏は佐村河内から依頼を受け、これまで20曲以上を作曲。ゴーストライターになる見返りとして18年間で合計約700万円を受け取ったという。また“現代のベートーベン”と世界的評価を受けていた彼だが、実は譜面を書けずピアノも初歩レベルの腕前だったことが発覚。さらには、全聾自体が偽りであったことも暴露したのだ。

そんな一連の捏造によって傷つけられたのは、彼とかかわってきた障害児童たちだろう。千葉県に住む義手の少女ヴァイオリニストAちゃん(13)もその一人だ。先天性の四肢障害のため右ひじから先がなかったAちゃんに目を付けた佐村河内は09年、彼女のために書いたとする楽曲を提供。「守さんの光になりたい!」と健気に練習を重ねコンサートに挑む彼女の様子は13年にテレビで取り上げられ、大きな反響を呼んだ。だが、Aちゃんの父親は、日に日に横柄になっていく佐村河内への恐怖をこうコメントしている。

《ここ1年ほどは絶対服従を前提に、徐々に従いがたい要求を出されるようになり、昨年11月に『服従できぬ』と回答しましたところ、大いに怒りを買い、絶縁された状態になっておりました。そのあと、この真実を知りました。(中略)娘も深く心に傷を負い、5年もの間気づいてやれなかったと、親として後悔の念にさいなまれております》

 千葉県にある自宅へ向かうと、母親は記者にこう明かした。

「最初はとても親切な方でした。でもテレビに出たりするうちに『感謝が足りない!』とか『僕がこれだけやってあげているのに!』などと言うようになってきて……。楽曲を聞いてくださった方々やCDを買ってくださった方々、一緒に音楽をやってきた子どもたちに謝罪してほしい。そして、ご本人の口から真実を語っていただきたいです……」

実は、これまで佐村河内がかかわってきた障害児たちの中にも佐村河内と絶縁している家庭があったことが記者の取材でわかった。つまり彼は同じことを繰り返し自らの名を売っていたのだ。約6千万円を稼いだとも言われている佐村河内。10年当時は横浜市港北区にある家賃11万円の小さな賃貸マンションに住んでいたが、12年には横浜市保土ヶ谷区にある天然温泉付きのマンションを購入している。価格は約2千万円で現金一括払いだったというから、いかに彼がセレブな生活を送っていたかがうかがえる。周囲のすべてを騙し続けて築いた“新たな城”で、彼はいったい何を考えていたのだろうか……。

【関連記事】

内田恭子 吉本興業社員の夫も昇進…セレブ生活満喫のいま

山本梓 資産320億円実業家との結婚で“海外セレブ”に!
里田まい マー君との新居は「ビル・ゲイツも住むセレブ物件」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

3分で種明かし!手の灰が移動する仰天ハロウィンマジック2017.10.31

「ハロウィンでどんな仮装をしてまわりのみんなを驚かせようか」と考えているあなた!マジックを使って、さらに驚かせてみてはいかが?当日までに仰天のハロウィンマジックを覚えて、ワンランク上の夜を楽しもう! ...


ランキング