東出昌大が語る落語「お酒を飲みながらゲラゲラ…」

投稿日: 2014年02月23日 07:00 JST

「一人ぶちは食えなくても、二人ぶちなら食える――、落語によく出てくる台詞です。1人で食べていくのがしんどくても、2人でならなんとかなってしまう。そんな夫婦、素敵だなって思いますね」

 3カ月前、『ごちそうさん』のインタビューで理想の夫婦像を尋ねると、東出昌大(26)は落語になぞらえてそう語ってくれた。父親ゆずりの落語好きで、悠太郎の役作りのために、大阪の天満天神繁昌亭でチケットのもぎりバイトまでしたほどだ。そして、この日は寄席へ。

「今年初めての寄席です。あぁ、ホント楽しみだな……」

 墨で書かれた根多(ねた)帳「演題大宝恵(おぼえ)」をめくりながら、自然と顔がほころぶ。これを見れば、昨日までの演題がすべてわかるのだという。

「(古今亭)菊之丞師匠の落語を楽しみに来ました。僕、古典が大好きなんです。昔の人の大らかさとか気風のよさとか、人情話もいい。『二番煎じ』『芝浜』……楽日なので、きっと大ネタをやりますよ。東京の寄席は食べたり飲んだりできるので、僕もふだん、お酒を飲みながら鑑賞します。酔っ払ってゲラゲラ笑っていますよ(笑)。僕自身は、下町の演芸場で味わうライブ感みたいなものが好きですね」

 ドラマ『ごちそうさん』もラストスパートに突入。初めて父親役に挑戦したわけだが。

「昔の父親像というか、威厳ある姿を見せたいと思って演じました。落語にも通ずるところがあると思うんですが。夫としても同じことで、悠太郎が亜貴子との浮気を疑われたとき、『僕が帰ってくるところはここしかない!』って半ギレ状態でめ以子のもとへ帰ってきた。きっぱり言えるところが男らしいですよね」

 そして’14年。次なる目標はどこに定めているのか。

「今年は本当に仕事をがんばりたい。先日、『仕事は生き方と人生の証明なんだ』という話を聞いて、そのとおりだ、と。今はとにかくがんばって、いつか、自分の人生を証明できたらいいなと思います」

 この日、昼夜公演を通して、1日中寄席で過ごした東出。昼公演のトリで登場した菊之丞は、夫婦愛を描いた『芝浜』を披露し、会場は拍手喝采だった。

【関連記事】

杏 交際報道・東出昌大母が語った“実家お泊り”の真相

杏 東出昌大との熱愛報道の陰に「実父・渡辺謙の面影」
東出昌大、杏と熱愛報道も「美術館は1人で行きたい」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング