菊池桃子 講演で初めて明かした、悩み続けた“長女の言葉”

投稿日: 2014年02月28日 07:00 JST

「娘は、ご存じの方もいるかもしれませんが、障害を持ちました。生後7カ月で、左手足に麻痺が残る脳梗塞の跡があることがわかったんです」

 愛娘の“障害”について、菊池桃子(45)が、聴衆450人の前で堂々と語った――。2月15日、都内の区民館で新宿区主催の『ともに学ぼう!今、生きていること』と題されたフォーラムが開かれた。菊池はこの日、講師として登壇し、女性の社会参加をテーマに講演を行ったのだ。

 講演会で、菊池は“いちばん辛い思い出”を、こう語った。

「娘が幼稚園に入るころ、自分自身の将来について私にいろいろ質問をしてきたんです。『ママ、私って普通の小学校に行けるの?』とか、『私は将来、どんなお仕事ができるの?』とか。確かな答えを持っていなかった私は、いい加減なことを言ってその場をごまかしてしまったんです」

 障害を持つ自分には、これからどんな未来が待っているのか……。娘から、そんな不安をぶつけられた母は、きちんと答えられなかったことで自責の念に苦しんだのだ。実は、その長女は今春、有名女子中学校を受験し、みごと合格。ブログで菊池は、感涙にむせぶほどの喜びを綴っている。必死に長女と向き合った日々が報われ、有名中学にも合格。いま、菊池は万感の思いで、母として“至福のとき”を噛みしめているに違いない。
 
今年は、菊池にとって芸能生活30周年。5月24日には、盛大な『30周年記念コンサート』が予定されている。長女の中学合格は、母にとって最高の“金メダル”だった。その喜びを胸に、菊池は30周年記念のステージに立つ――。

【関連記事】

菊池桃子 離婚から1年半…バリアフリー新居へ引っ越しの理由

菊池桃子「離婚前、原因不明の難病に悩んでいた」とママ友
菊池桃子離婚から8カ月…「思い出の豪邸」売却していた

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング