山本文郎さん 31歳年の差婚は「夫婦げんか一切なし」

投稿日: 2014年03月07日 07:00 JST

2月26日、“文さん”の愛称で親しまれた元TBSアナウンサーの山本文郎さん(享年79)が、肺胞出血のため亡くなった。翌27日、由美子夫人(48)が千葉県内にある自宅で本誌の取材に応じてくれた。08年7月に再婚して以降、仲睦まじく過ごしていた夫妻だったが、2月21日、山本さんは突然病に倒れた。

「21日の夜中の0時半でした。彼が『背中がちょっと痛い』と言うので、すぐかかりつけの病院に行きました。CTを撮ったら、『肺胞から出血している』と言われ、びっくりしてしまいました。直接の原因と断定はできないようなのですが、どうやら、肺の毛細血管にダメージがあったみたいで。以前はタバコを1日40本、30年間ずっと吸っていたわけですからね。いまは吸っていませんが、長年の喫煙が大きかったのでしょう。お酒の量もすごかったですし……」

 2年前、本誌の取材に山本さんは自らこう語っている。
「もし(由美子さんと)一緒になっていなかったら、酒浸りになって、もう死んでいたかもしれません」

 緊急入院した山本さんは、病床にいながらも仕事のことを気にかけていたという。
「3月1日には、テレビ通販番組の仕事が入っていたんです。ベッドでは『おれはまだ死ねねえよ』と言って笑わせたりしていましたから、お見舞いに来てくれたみんなも『大丈夫、すぐ帰れるよ』と言って帰って行きました。私の2人の息子(19歳と17歳)が病室にいるときには、『お前たちの孫を見るまでは、おれは死なねえぞ』なんて言って笑っていましたね。
でも、病室に私と2人だけになったときには『ちょっと苦しい』と言うんです」
 
由美子さんだけには、そう本音を漏らしていたのだ。2人は最期まで”愛の言葉”をこう交わし続けたという。
「亡くなる前日でしたか、『おれは由美子がいないと生きていけねえ……』と言うので、『当たり前よ!』と返しました。そして、26日に息を引き取る前に、私だけを呼んで……。私は最期に『いつまでも愛しています』と、耳元で言いました」

 2人は、結婚後夫婦げんかを一度もしなかった。山本さんは12年10月の本誌の取材に、こうのろけていた。
「ささいなけんかで時間を無駄に使いたくないですから。相手のいいところを見て、“おれにないところを持っている”部分を見ていれば、まずけんかはないですね」

由美子夫人は、最愛の夫のため、今後ある準備に入るという。
「山本には、『あなたにお葬式は似合わないから、亡くなったときには、改めて私があなたの引退式をする』と話していたんです。まだ日程は決めていませんが、お世話になったみなさんと笑顔で山本の“引退式”を派手に、明るくやろうと思っています」

【関連記事】

山本文郎アナ「時間無駄使いできないから夫婦喧嘩しない」

黒田アーサー 17歳年下妻と喧嘩の理由は「ゴミの捨て方」
鈴木おさむ「夫婦初の共同作業は道端で野グソでした…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング