遠藤 角界新アイドルの「妹に泣かされた優しき少年時代」

投稿日: 2014年03月14日 07:00 JST

 石川県の能登空港から車で南下すること約20分。期待の星・遠藤の出身地である穴水町では、いたるところに彼の等身大パネル、横断幕が飾られ、家々の壁には先場所の敢闘賞受賞を知らせる速報が貼られている。近年は過疎化に悩まされていた穴水町だが、今回の遠藤の快進撃のニュースに、町全体が大フィーバーに包まれている。

「去年の8月に会を立ち上げたときは入会者はたったの1名。それが今年の2月末には570人あまりに増えました。三月場所はもちろん、五月場所の観覧ツアーの予定もすでに組んであります」(地元穴水町を中心とした「追手風・遠藤穴水後援会」の担当者)

 もともと、穴水町は昔から相撲が盛んな土地柄で、明治以降では大江山、清恵波、そして遠藤の師匠である大翔山(現・追手風親方)の3人が幕内入りを果たしている。「穴水少年相撲教室」というスポーツ少年団もあり、遠藤は小学1年生のとき、「心身を鍛えてもらいたい」という父の希望で町営相撲場に通うことになった。だが「とにかく最初は嫌だった」と、本人が語っているとおり、もともと勝負ごとを好む気性の持ち主ではなかったようだ。

「(遠藤)聖大くんには3歳下に妹がいるのですが、学校でその妹に泣かされていたのを覚えてます(笑)。それぐらい気がやさしかったですね。私たちの学年は13人しかいなかったから6年間ずっとクラスが一緒でしたが、怒っているのを一度も見たことがありません。おうちで飼っているダックスフントをとてもかわいがっていました」(小学校の同級生)

 そんな遠藤の転機となったのが朝青龍の存在だ。テレビ中継で気迫のある取組を目にし、相撲自体に興味を覚えはじめる。さらに北陸巡業に来た朝青龍に声をかけられ、憧れから目標に。その後は中学・高校・大学ともに全国大会に出場し、大学4年時にアマチュア横綱・国体横綱の2タイトルを獲得。幕下付出デビューから1年で前頭筆頭まで駆け上がった。

「彼はお酒が飲めないわけじゃないのですが、いつもウーロン茶しか口にしません。体調管理にすごく気を使っているのでしょうね」(遠藤家と親交のある穴水町内の寿司店店主)

 今場所は初めてすべての上位陣と対決している遠藤。久々に現れた「優等生力士」が荒れる春場所の主役となる――。

(週刊FLASH 3月25日号)

【関連記事】

「相撲なければ日本は終わったも同じ」白鵬語る横綱の責任

「遠藤は2番目に大銀杏が似合う力士になる」と元床山
初のエジプト人力士 宗教上の理由でちゃんこの豚肉NG

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング