木村了「“勘違いさん”じゃないと役者は務まらない」

投稿日: 2014年04月18日 22:00 JST

 4月18日、舞台『學蘭歌劇「帝一の國」』の公開稽古が行われ、木村了(25)らが会見に登場した。木村は演じた役について、「帝一に共感できるところは、“勘違いさん”な部分」とコメント。続けて、「役者の仕事も、“勘違いさん”な部分がないとできないと思います。違いは“自覚”しているか、してないか、ですが……」と語り、笑いを誘っていた。

 本作は、古屋兎丸氏の同名マンガを舞台化したもの。木村が古屋氏の作品で主演を務めるのは、’12年12月に上演された舞台『ライチ☆光クラブ』以来2回目。

 また、「あり得ない世界観の中にある人間のリアルな感情表現の描写があったり、コミカルな描写や伝えたいメッセージの根強さ。惹きつけられます!」と興奮した様子でアピールした木村。最後は、「最近刺激がない人に、この舞台をおすすめします!」と笑顔で締めくくった。

【関連記事】

釈由美子「引退求められ…」明かした“涙の破局過去”の真相

中山秀征×松本明子 男女の友情30年間続けた秘訣は

松本明子 20代の破天荒な生活変えた家族の存在

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

俳優の実力見せたB1A4ジニョン 今後の活動について激白2018.01.30

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、ソロでは初登場となるB1A4のジニョン。日本の地上波でも放送され、話題を呼んだドラマ『雲が描いた月明り』で時代劇に初挑戦。最旬スター、パク・ボゴムが演じる王...


ランキング