韓国船事故 被害者の“日本人母”にあった「桜田淳子との縁」

投稿日: 2014年04月28日 00:00 JST

4月16日に韓国・珍島沖で転覆した旅客船セウォル号。修学旅行で乗り込んで行方不明になった約250人の檀園高校2年生の中に、ただ一人、日本人の母親を持つ女子学生がいた。彼女の名はキム・ヨンウンさん(17)。4月26日現在、ヨンウンさんはまだ見つかっていない。

異国の地に嫁ぎ、1男2女をもうけた末に今回の悲劇に遭った母親・A子さん(53)は長野県生まれ。彼女が韓国に嫁いだのは22年前。じつはその“国際結婚”には理由があった。
「A子さんは、若いころから信仰している統一教会の合同結婚式で韓国に渡り、いまのご主人と結婚したのです。現在、檀園高校がある安山市在住で、地区の教会にも熱心に通っています。ご夫婦には3人の子どもがいますが、ヨンウンさんは次女です。協会の仲間が無事の救出を祈っていますが、悲しくてそれ以上は話せません…」
 A子さん一家をよく知る、ソウル市内の統一教会員の1人はそう言ってうつむいた。

日本の統一教会関係者によると、
「彼女は桜田淳子さんらとともに、92年にソウルで合同結婚式を挙げた“3万家族”の1組です。今回の事故に遭われたことは、日本の統一教会でも、みんなが知って心配しています」

92年8月25日、ソウル五輪メインスタジアムで行われた国際合同結婚式。桜田淳子(56)や元新体操の山崎浩子(54)ら3万組が挙式。その中にA子さんもいたのだ。

A子さんは事故当日の夕方に、事故現場近くの珍島に入った。兵役に就いたばかりの訓練生の長男も、特別休暇を取って駆け付けたという。海の向こうの隣国、韓国を揺るがす大事故の陰に、日本人母親の報じられぬ悲劇があった。

【関連記事】

韓国フェリー沈没事故 政府に無視された“わが子の叫び”

‘16年の“開戦”シナリオも…韓国が日本を仮想敵国にするワケ
抗日の英雄なのに…安重根遺族が韓国を追われたワケ

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング