父は工藤公康『ルーズヴェルト・ゲーム』天才投手の素顔

投稿日: 2014年06月01日 07:00 JST

 この春、ドラマを盛り上げているのがインパクトのある脇役たちだ。そこで本誌は佳境に入ったドラマの脇役にインタビュー。その魅力に迫った。

「ひたむきな好青年の涙に心がわしづかみされました」(45歳主婦)と声があがるのは、『ルーズヴェルト・ゲーム』(TBS系・日曜21時〜)の天才ピッチャー沖原役の工藤阿須加(22)。

 オーディションで沖原役をつかんだ工藤は、あの西武や巨人で活躍した名投手・工藤公康氏の長男。ところが、本格的な野球経験はない。そこで、ピッチングは父の公康氏から直伝してもらったという。

「役が決まったときはうれしかったです。同時に野球経験者に見えるようにどう役作りするか真剣に考えました。(父からは)体重移動、力の入れ加減など基礎的なことを教わりました。元々プロテニスプレーヤーを目指していたので、体の使い方など共通する部分もあり、父の話は素直に理解できました」(工藤・以下同)

 高校3年のとき「役者になりたい」という夢が芽生えたという工藤。

「両親に猛反対されました。2年後、父に呼び出されて、『お前も20歳になるのだから、一人の男として自分の道を決めろ』と言われたんです。真剣に考えたうえで、『役者に挑戦させてください』と伝えると、『お前が決めたことなら許す』と認めてくれたんです。今回、父も放送を見て『おもしろい!こんなに見入ってしまうドラマは久しぶりだよ』と喜んでくれました」

 現場では130キロを超える速球を投げ、みんなを驚かせた。24日には父に縁のある西武ドームで始球式も務めた。

「真面目で口数は少ないけれど、内に強い思いを秘めている不器用な沖原は、共感できる部分が多いです。男たちがもがき苦しみながら、諦めないで闘う姿が見どころです」

【関連記事】

「唇が柔らかくて…」周囲が証言するTAKAHIRO素顔

『花子とアン』ブラックバーン校長の意外な素顔

没後20年の今語られるオードリー・へプバーンの素顔

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング