中森明菜 実父との断絶生んだ最愛の母の「悲しすぎる遺言」

投稿日: 2014年06月20日 07:00 JST

 6月10日は、中森明菜(48)の母・千恵子さんが亡くなって20回目の命日だった。だが今年の命日に明菜が墓参りする姿は、最後まで見られなかった。最愛の母が眠る墓所に来られないほど、明菜の状態は悪いようだ。本来なら、そんな苦境の明菜が頼るべき実家の父・明男さん(80)をはじめとする家族。だが明菜は千恵子さん亡き後、“断絶”状態にある。95年の千恵子さんの葬儀以来、家族の誰とも明菜は会っていないのだ。

 この日、明菜が参ることの叶わなかった千恵子さんの眠るお墓。実は、この墓には重大な“秘密”が隠されている。この墓は、“中森家”の墓ではない。千恵子さんが生まれた実家の墓なのだ。中森家に嫁いだ千恵子さんが、実家の墓に入っているとは――。本誌は、真相を聞くため、明菜の父・明男さんを直撃した。いつものように快く取材に応じてくれた明男さんは、記者が疑問をぶつけると顔色を変えた。千恵子さんが亡くなる前に、いったい何があったのか。

「お母ちゃんは晩年がんになってね……。『家族の迷惑になるから』と家を出て一人暮らしを始めたんです。お墓のことも生前、お母ちゃんが自分から言い出したんですよ。千恵子は昔から『父親が眠る墓に一緒に入りたいから、中森家じゃなくて実家の墓に入りたい』って言ってね。最初は家族全員びっくりですよ。でも一度言い出したら聞かない性格ですから、最後は『お母ちゃんらしくっていいんじゃない』と家族会議を開いて決めたんです」

 なんと、千恵子さん自ら、中森家の墓に入ることを拒否したのだという。「繊細な明菜ちゃんは、そのお墓のことが胸につかえているのかもしれませんね」と記者が聞くと、明男さんは肩を落としてこう答えた。

「たしかに、あの子は“お母ちゃん命”でしたからね……。病院にも何回も見舞いに行っていたから、明菜はその話も本人(千恵子さん)から聞いていたと思います。明菜がどう思ったかは、お母ちゃんが亡くなってから一度も会ってない私には、残念ながらわかりません……」

明菜がもっとも頼りにしていた千恵子さんが、死の直前、家族との“別離”を選んでいたという衝撃の真実。もしそうだとすれば、明菜と家族の“断絶”の本当の原因は、この千恵子さんの“遺言”にあったのかもしれない。

【関連記事】

中森明菜 父が告白「誤解が生んだ“家族との断絶”18年」

中森明菜 断絶した家族に続く災厄…「妹は交通事故で障害が」
中森明菜 公私で支えるマネージャーが明かした“苦悩”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング