一日密着した本紙記者が見た芦田愛菜のプロ根性

投稿日: 2014年06月23日 07:00 JST

「今回の役と似ているところは、気が強いところかな。ボケ、アホという汚いセリフを言うシーンもあるんですが、そういう言葉を使うと気持ちがスカッとします!(笑)。私もこっこちゃんみたいに、クラスの男の子に『コラ~』って向かっていくことがあります!」

「台本は100回以上読みました」という初主演映画『円卓 こっこ、ひと夏のイマジン』(6月21日公開)で、やんちゃな“ダークヒロイン”を熱演する芦田愛菜ちゃん(9)。本誌は、今作の宣伝活動に奮闘する愛菜ちゃんの、インタビュー総数10社以上という、ハードな一日に密着した。

 昼過ぎ、「おはようございま~す」と元気な挨拶で、東宝本社にやってきた愛菜ちゃん。事前に取材者から送らてきた質問事項を眼鏡姿で丁寧にチェック。どう答えようかと真剣に考え込む。いざ、取材が始まると、笑顔でテキパキと応じていく。

 広報スタッフは「愛菜ちゃんは、この映画の宣伝にとても協力的で、ものすごい時間をとってくれています。東京だけじゃなく、大坂もいくんですよ」と感謝感激。

 取材中には、行定勲監督と久々の再会。並んだ2人の姿は親子のよう。映画撮影期間中の行定監督の誕生日に、愛菜ちゃんは似顔絵をプレゼントしたという。

 場所を移動しても、試写会の舞台挨拶、テレビのインタビュー取材と、目まぐるしいスケジュールをこなしていく。一切、疲れを見せることなく終始、笑顔の愛菜ちゃんには、記者も感心するばかり。

 18時30分、ハードな一日が終わり、「さよ~なら、ありがとうございました!」と、きちんと挨拶。元気に帰っていく愛菜ちゃんだった。

【関連記事】

「芝居は相手役とのかけあい」芦田愛菜、天才子役の仕事術

芦田愛菜ちゃん 苦手な算数で4回連続100点取った
「会話相手に恋愛を」プロが教える人脈をつかむ話し方

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング