松坂桃李 岡田准一に「『エロ政』って呼ばれます」

投稿日: 2014年06月23日 07:00 JST

関連キーワード

 3月にクランクイン、騎乗や殺陣など、大河ならではの現場を次々とこなしてきた松坂桃李(25)。もともと歴史が好きで、『三国志』のような奮い立つ時代に興味があるという。

 松坂の騎乗について「ハードルの高いシーンもすぐにできちゃうから、すごく筋がいい」とは、父・官兵衛役の岡田准一。

「そんな、もったいないお言葉を(笑)」

 猛将を演じるにあたり、体作り、所作の準備、殺陣の稽古を徹底して始めたが、それと同じくらい大事にしたかったのが、“長政の思い”を表現することだという。

「史実にも目を通しているんですけど、記されているのって結果だけなので、そこにいたるまでの経緯――何を思って戦場を駆け抜けたのか、何を思って父上やまわりの人たちと接していたのか、史実上には描かれない“そのときの思い”という繊細な部分をもっと掘り下げなければ、という強い思いで現場に入りました」

 父・官兵衛である岡田准一のことを聞くと、「父上は今、根付にハマっていると(笑)。彫刻みたいなことをしているそうで、(木を彫る)根付もやってみたいんだよね、と言っていました。趣味で彫られているみたいです」とのこと。

松寿丸という幼少期は過ぎ、役者は松坂にバトンタッチされた。現場は男子校ノリで「部活みたい」だという。みんなそれぞれに、おもしろい名前がついていたりするというが。

「今回は女性陣が少ない男くさい現場なんですけど、ドラマの話だけじゃなく、くだらない話をしたり、振り幅がけっこう大きいですね。その会話のなかで父上(岡田)が『エロ政』って呼び始めて。きっかけは……ちょっと言えないです(笑)。ドラマ撮影に途中参加するときって、そのチームに“お邪魔する”ような感覚が多いんですけど、官兵衛チームは温かく迎えてくれて、どこか家族のような、同士のような。居心地のいい現場です」

【関連記事】

岡田准一“息子”の松坂桃李をベタ褒め「ステキだね」

圧倒的な身体能力で…岡田准一演じる期待の新大河

綾野剛 大河打ち上げで泥酔…花壇蹴り飛ばす“ご乱行”ぶり

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング