パパ・加藤浩次 小4長男に「なんだ、こんにゃろう〜!」

投稿日: 2014年07月01日 00:00 JST

 隔週連載〈中山秀征の語り合いたい人〉、今回は極楽とんぼの加藤浩次(45)。そのパパの顔を語ってくれた。

中山「子どもたちと遊ぶ時間はあるの?」

加藤「ウチの子どもは中1の長女、小4の長男、小2の次女の3人ですけど、僕はそんなイクメン的なことしてないですよ。月に1度くらい、家族で外食するくらいですかね」

中山「『加藤浩次流・子育て法』っていうのは?『加藤家・家訓』的な決まり事とかさ」

加藤「もう女の子はかわいくてしょうがないですからね〜。でも怒るときは怒りますよ。特に真ん中の長男には厳しいかもしれないですね。悪さをしたら『なんだよ、こんにゃろう〜!』って言っちゃいますからね。先日もありましたよ。長男は電車で小学校に通ってるんですけど、どっかで知恵をつけて、こっそりPASUMOでジュースを買ってたんですね。チャージの回数が多いので、嫁が気づいて明細を取り寄せてみてみたら、判明して。『ママにジュース買っていいか聞いてるならいいけど、勝手に買ってるなら、オマエはパパのお金を盗んでるってことだからな。今から警察呼ぶから待っとけ!』って叱ったら、ウワーッて泣き崩れて。人生終わった!って感じで、がっくり肩を落としてましたね(笑)」

中山「『終わった』って(笑)。身に染みたんだろうね。パパが怒ったら子どもはすぐに言うことを聞くというのは、ママにとってはうれしいことだよね」

加藤「嘘をついたり、黙って内緒で悪いことをしたら、なぁなぁにはしないで徹底的に怒ります。パパは怒ったら怖いと子どもたちもわかってますし、何かあったら嫁に『言って』って頼まれますからね」

中山「逆にさ、子どもがいることによって、学ぶことや気づかされることも多くない?

加藤「よくありますよ。ご飯のとき『ひじ、つくなよ』って子どもに言う割には、自分が飲んでるときに無意識にひじをついていて『あぁ……』って気づきますもん。子どもがいるからこそ、人として変なことはできなくなりました。でも、僕はイクメンではないですよ。そんな大した人間じゃねーよ、俺がなにをそんなに偉そうなこと言ってるんだって思っちゃいますもん。語弊があるかもしれませんけど、『しょせん俺のガキだろ。高望みしても、ねぇ……』と思っているので、子どもは法に触れなきゃ、どうなってもいいですよ」

【関連記事】

加藤浩次「相方・山本圭一のために今、言いたいこと」

元グレチキ北原“子供会の会長”イクメン2児パパのいま
乙武洋匡流“子供を伸ばす教育の心得”5カ条

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング