桑田佳祐“聖地”売却騒動救った「資産3千400億円」大富豪

投稿日: 2014年07月02日 07:00 JST

今年に入ってから早や半年。沈黙を続けていたサザンオールスターズがデビュー36周年の6月25日に発表したのは、ファンが待ち続けていたものだった。ニューシングルの9月発売、そして9年ぶりの『年越しライブ』を行うと宣言。さらに05年の『キラーストリート』以来、同じく9年ぶりとなる新アルバムを年内に発売するとも明かしたのだ。

 小雨が降りそそぐ6月下旬の昼過ぎ。東京都渋谷区にある『ビクタースタジオ』の前に、桑田佳祐(58)と“原坊”こと妻・原由子(57)が車で現れた。ここでメンバーたちはすでにアルバム制作へと取り組んでいるという。

スタッフが傘をさして迎えると、車内から出てくる2人。ピンクのTシャツにジーンズ姿の桑田は少し痩せているようにも見えるが、足取りは軽く元気そうだ。続いて出てきた原もメンバーとの収録を待ちわびているかのように、早足で夫の一歩後ろを歩いてスタジオへと入って行った。

この『ビクタースタジオ』で、サザンはデビュー以来数々の名曲を録音してきた。彼らにとって“聖地”ともいうべき地で、桑田にとっても思い出深い場所だ。しかし実は、この“聖地”が存続の危機にさらされていた。10年9月にスタジオの敷地が、大手鉄鋼会社に売却されていたのだ。音楽業界の不況が続き、レコード会社がスタジオを売却していく。そんな流れのなかで、ビクターエンタテインメントも手放すことを決意したという。

「ビクターは『スタジオ機能や業務に支障はない』と説明していました。しかし、ここをずっと使用してきたミュージシャンたちは、『このまま自分たちのスタジオがなくなってしまうんじゃないか……』と、不安の声を漏らしていました。その思いは桑田さんも同じだったと思います。彼は10年8月に食道がん手術を経験しましたが、4カ月後の紅白で復帰する際にこのスタジオから歌声を届けたのです」(音楽関係者)

 だが、そんな彼の願いは意外な形で実ることに。今年1月、大手衛生用品メーカー『ユニ・チャーム』創業者・高原橋慶一朗氏(83)が代表を務める企業は「今後20年はスタジオとして使える」という契約条件でこの土地を買い取ったという。高原氏は米経済誌『フォーブス』が発表した「2014年日本の富豪50人」の9位にランクイン。その資産は、3千400億円以上だという。

そんな彼が行った、スタジオの存続を約束した形での土地取得。“聖地”の危機を回避してくれたことに、桑田もきっと胸をなでおろしたことだろう。

【関連記事】

桑田佳祐 妻・原坊への感謝を込めて10億円「エコ豪邸」を建設中!

「”ニューハーフ”は桑田が生んだ造語」サザン豆知識10
“ビル・ゲイツ越え”世界一の大富豪「俺はこうして金持ちになった」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング