林葉直子 肝硬変闘病を励ます中井広江・女流六段のお見舞い

投稿日: 2014年08月12日 10:00 JST

関連キーワード

「自分でいうのもなんですけど、命は長持ちしています」

受話器から開口いちばん響いてきたのは、明るい笑い声だった。治療不可能だという重度の肝硬変を患った元女流棋士の林葉直子(46)だ。

彼女は2月下旬に発売された著書『遺言―最後の食卓』(中央公論新社刊)で、病の痛みに耐えながら残された時間と向き合う壮絶な姿を、赤裸々に綴っている。現在は、投薬治療をおこないながら自宅療養中の林葉が、闘病の真相を激白した。

 先輩・N棋士との不倫を告白し、女流棋士を辞めてからヌード写真集を出すという波瀾万丈な人生を送ってきた彼女。父親が残した借金が原因で自己破産し、破産管財人の指示で外食も止められた。

「昼夜2回のコンビニ弁当や牛丼をつまみに、500ミリリットルの缶ビール2~4本を飲み続ける毎日でした。そんな生活で、肝炎程度だった病気が一気に進行。1カ月後には血便が出はじめました。死のうと思ったころもありました。20代で先輩のN先生との不倫を清算したころです。いちばんお酒を飲んでいたあのころは、アルコールが54度もあるバーボンを1日1本空け、吐いて寝るという日々を送っていました。そんな飲み方をしていたら普通は死ぬでしょう。でも死ねなかったんです……」

 そんな彼女の闘病を支えているのは、古くからの友人たちだという。

「この間、中井広恵ちゃん(女流棋士六段)がお見舞いに来てくれたんです。彼女とは30年くらいのつきあいがありますからね。『今、福岡に来てるから』と言って、会いに来てくれたんです。『ココナッツとハチミツは体にいいよ』と持ってきてくれました」

【関連記事】

島倉千代子「肝臓は20年前から…」“親友”明かす極秘闘病

“がん闘病で逝去”33歳母が愛娘に遺した「みそ汁レシピ」

空前のブーム到来で女性増加中の将棋道場に行ってみた

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング