「僕ほど働いてた人いない」田原俊彦が振り返る芸能生活

投稿日: 2014年08月23日 16:00 JST

「僕くらい働いてた人はいないでしょう。’80年代の日本って、元気があった時代じゃないですか。その中で、1年365日休みなし、1日2〜3時間の睡眠でも、仕事をちゃんとこなしましたから。最低でも10年はやり続けて、自分の名を残すぞ、って思いだったんです」

 そう当時を振りかえるのは、デビュー35周年を迎えた田原俊彦(53)。朝から晩まで働いて、何年間もそれを継続することがいかに大事か、彼は強く感じているという。

「アイドル時代も、自分のポジションを放棄せずに一生懸命やって、今の田原俊彦ブランドってあるわけだから。仕事っていうのは、つねに真摯にやんないと。今どんだけ休んでんだ、って話ですけどね(笑)」

 田原の歌手人生は、ジャニーズで15年、卒業後の20年。

「苦しくてつらい時期もあったかもしれない。でも、絶対にギブアップしたくなかったから、負けねえぞ!って気持ちでいつもやってたんです。世間が思う田原俊彦のいいときも悪いときも、正直、全然変わってない。このストレートさでまっすぐ行くから、あっちゃこっちゃぶつかるけどね、自分の中でそこがブレちゃったら、僕じゃなくなる」

 53歳になった今でも、“トシちゃん”と呼ばれることをどう感じているのだろう。

「今も変わらずに“トシちゃん”って言われることがうれしいし、それがイコール、ブランド力なんじゃないかな。僕には僕のお客さんがいる。それは、1年や2年でできるものじゃなくて、長いこと放棄せずにやってきたから確立できた、もちろん冬の時代も含めてですよ。僕はいつも振ってたから、当たんなくても」

 現在、バラエティ番組にひっぱりだこの田原だが。

「今、バラエティに出てわちゃわちゃやってるけど、僕は、歌って踊ってなんぼなんです。だから、ステージに関しては、いつも120%でやらないと。そこで手を抜いたら、俺、嘘つきになっちゃうから。そのルールだけはちゃんと守っているから怖くないですよ。こんな人生、僕しかやってないのよ(笑)」

【関連記事】

田原俊彦 飲食店との金銭トラブルで弁護士から“督促状”が…

田原俊彦 「副社長から直筆の手紙が…」ジャニーズ復帰もある?
ダウンタウン「仕事ない日も黙々ネタ作り」の下積み時代秘話

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング