「台本には歌詞だけ」美輪明宏語る朝ドラ『愛の讃歌』演出秘話

投稿日: 2014年09月28日 06:00 JST

「あのシーンはオンエアで初めて見ました。『愛の讃歌』の使い方は見事でしたね。演出もカメラワークも見事でした」

 こう語るのは、連続テレビ小説『花子とアン』で、ナレーションを担当している美輪明宏さん(79)。数々の名シーンや名ゼリフが話題になったが、なかでも最も反響を呼んだのが、蓮子(仲間由紀恵)と龍一(中島歩)が駆け落ちを図るクライマックスシーンだ。

 その回(7月18日OA)は、美輪さんの決めゼリフ「ごきげんよう、さようなら」がなく、蓮子と龍一が羽根の舞う街灯の下で抱き合う感動的なラストシーンまで、美輪さんの名曲『愛の讃歌』がフルコーラスで流されるだけ。それは、美輪さんがシャンソン歌手、エディット・ピアフの原曲をほぼ直訳した形で、’68年にレコーディングした日本語バージョンだった。

 約4分間、蓮子と龍一のセリフはいっさいなく、2人の愛の絆を映像と歌だけで演出するという、まさに斬新なシーン。そのインパクトに、視聴者の目はくぎ付けとなり、すぐさまネット上では“朝ドラ史上最高の演出”との称賛の嵐が巻き起こったのだ。美輪さんは言う。

「最初に台本をいただいたとき、蓮子と龍一の駆け落ちシーンの大体の描写があって、そこに『愛の讃歌』の歌詞だけが書いてありました。私は2人のセリフがまったく書かれていなかったので、正直“エ〜ッ!?”と思いました。ただ、私は余計なことを言う立場ではないし、必要もない。それをやったらマナー違反になりますからね。だから、いっさい何も言わないで、オンエアに期待をしていたんです」

 そして、自身が歌う『愛の讃歌』がフルコーラスで流れるシーンをご覧になった美輪さんは……。

「私自身がいちばん驚きました(笑)。駆け落ちシーンのカッティングの仕方、つなぎ方、そして曲の入れ方が実に見事でした。こうなることをすべて想定していた、脚本家の中園ミホさんの想像力はお見事でしたね。中園さんは、この『愛の讃歌』をいつかどこかのシーンで使おうと思っていたそうですよ」

 近年、美輪さんは『愛の讃歌』を歌う前に、日本語で歌詞の説明をしてから、フランス語で歌っていた。しかし今回の放送後、“日本語バージョンが聞きたい!”との要望が殺到。その反響のすごさから、今月から始まったコンサートでは、15年ぶりに日本語バージョンが復活したそうだ。

【関連記事】

美輪明宏さん明かす朝ドラ「ごきげんよう」のヒミツ

美輪明宏 江戸川乱歩に包丁持たせた「16歳の生意気セリフ」
美輪明宏、度胸培ったのは世間の裏表知った幼少時代

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング