朝ドラBGM担当語る心残り「伝助テーマ曲作りたかった」

投稿日: 2014年09月28日 06:00 JST

 数多くの話題をよんだNHKの連続テレビ小説『花子とアン』で、劇中のBGMなどの音楽を手がけたのが梶浦由記さん(49)。9月17日には、2枚目となる『花子とアン オリジナルサウンドトラック2』がリリースされた。

「約半年間にわたる放送で、140曲くらい作りました。前半の山梨時代のほのぼのとした雰囲気から、後半の悲劇的な戦争に移るなど、ドラマの背景もガラリと変わるので、楽曲作りも苦労しました」

 そうした時代の変化がある中、一貫して描かれたのは、花子や蓮子などの女性の『強さ』だという。

「花子さんは戦時下でアンの翻訳をしていました。蓮子さんも、周囲から反対されながらも『自分が正しい』と思ったことに突き進みます。BGMはドラマの邪魔をしないよう、あまり目立たせずに作ることが多いのですが、今回はそうしたキャラが引き立つように工夫をしました」

 花子のテーマにはバグパイプの一種であるイーリアンパイプを、ちょっと周囲から浮いた蓮子には、ハンマーダルシマーという珍しい打弦楽器を採用。キャラクターに音楽という彩りを与え、命を吹き込んだ。

 ただ、最終回を迎え心残りなのが、蓮子の元夫・嘉納伝助のテーマがなかったことだという。

「30代以上の視聴者の8割の女性が、伝助ファンになったんじゃないでしょうか。金管楽器を使って、あの男らしさを表現してみたかったですね」

【関連記事】

美輪明宏さん明かす朝ドラ「ごきげんよう」のヒミツ

映画ジャーナリストが選ぶ“泣ける名作”「秘密は音楽」

東京ディズニーランド“在籍30年”キャストのパーク秘話

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“韓国で最も有名な日本人”KangNam「日本と韓国の架け橋に!」2018.04.17

今回のK☆STAR LOVERSのゲストは、“韓国で最も有名な日本人”として日本のバラエティ番組でも活躍する歌手KangNam(カンナム・31)。 この日は、ネプチューンの名倉潤と、河本準一(次長課...


ランキング