楳図かずお78歳にして自伝的ホラー映画で監督デビュー

投稿日: 2014年10月06日 12:00 JST

「ひとりでコツコツ描いていく漫画と違い、映画は大勢のスタッフと一緒の作業。しかも今回は『これで恐怖映画ができるの?』と不安になってしまうほど和気あいあいとした撮影現場でした」

 漫画にとどまらず、歌手、俳優、タレントと多彩な才能を発揮する楳図かずお(78)。彼の作品は数多く映像化されているが、楳図自身がメガホンをとったのは、現在公開中の『マザー』が初めてだ。喜寿にして、華々しく監督デビューを飾った。

「いつかは映画を撮りたいと思っていたんですが、なかなかチャンスがなかっただけですね。とはいえ、監督といってもスタッフはベテランぞろいだから、みなさんに任せていれば自然にできてしまうというか。僕は方向性がずれないように気を配りながら、絵コンテを描いて世界観を伝えただけですよ」

 映画は、楳図作品の創造に影響を与えた実母との思い出を掘り下げた自伝的ストーリー。死んだはずの母親の情念が怪奇現象を巻き起こすホラー映画だが、“母親の存在とは?”“愛情とは?”と、見る者の心になんらかのひっかかりを残す。

「僕の母親はごく普通の人でしたが、彼女の過去を聞いたこともなければ、ふだんどんなことを考えていたのかもわかりません。親子という密接な関係だからこそ踏み込めない距離感もあります。それでも母親は、歴然と自分の上に輝き続けているもので、僕がわからない世界の謎も抱えた存在。そんな特別な存在をテーマにしたかったんです」

 主役の楳図かずお役には片岡愛之助。楳図と怪奇現象に立ち向かう編集者を元宝塚歌劇団の舞羽美海(まいはねみみ)が熱演。楳図の母親は真行寺君枝が演じた。

「愛之助さんも赤白ボーダーのシャツがシャツが似合っていましたが、実はあのボーダーの幅は、彼の気持ちの変化によって広くなったり、細くなったりします。そんな細かい仕掛けも楽しんでほしいです」

 人の心を踊らせたい――。漫画家として歩きだした60年前から、78歳の新人監督となった今も、楳図の思いはまったく変わらない。

【関連記事】

ホイットニー・ヒューストンの娘、母の伝記映画の監督に噛み付く

米林監督語るジブリ製作現場「監督抜擢嬉しくなかった」
園子温語る20歳年下女優妻との“耐え忍ぶ”夫婦生活

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング