大地真央流壁の乗り越え方「あえてどん底まで落ち込みます」

投稿日: 2014年10月18日 07:00 JST

 隔週連載《中山秀征の語り合いたい人》、今回のお相手は、宝塚の元トップスターであり、舞台俳優として数々の当たり役を持つ大地真央さん(58)。壁を乗り越えるにはどうするのか、教えてくれた。

中山「大地さんにもスランプを感じるときなんてありますか?」

大地「それはありますよ。やめてしまいたいと思うところまではないですが、向いてないなあ、と思うときはあります」

中山「そういうときは、どう解消されるんですか。壁の乗り越え方というか」

大地「うーん。まず1人の空間を作って、とりあえずどん底まで落ち込みますね。あえて落ち込むような曲を聴いたりしてとことん暗くして。そこからは自問自答します。『私ってもう駄目なんじゃない?』『何を言ってるの!』とかって自分の中の自分と対話するんですよ。おかしな人ですよね(笑)」

中山「いえいえ。『私はもう駄目』とかって声に出すんですか?」

大地「駄目なほうは心の中で言って、いいほうだけ口に出すんです」

中山「なるほど〜。悪いほうを口に出すともっと駄目になりそうですもんね。そうすると、天使が励ましてくれるんだ」

大地「ふふふ。天使のほうがしゃべりだすんです。レインシャワーの中で」

中山「アハハハ」

大地「泣きたいときはシャワーの中で思いきり泣きます。それもデトックスですから。そうやって思いきり落ち込んで泣いて対話もしたら、『あれ?』みたいになって、最後は自分で自分を『変な人』って笑うんです」

中山「徹底的に落ち込んだら、もう上がるしかないですもんね」

大地「そうなんです。あとはとにかく笑顔でいること。“笑う”といっても作り笑顔でもいいんですよ。ちょっと笑顔を作ってみてください。それで怒ってみて」

中山「『あんだこの野郎』(笑)。はあ、なるほど、怒れないもんですねえ」

大地「悲しいことも言えないんですよ。やっているうちに『どうしてこんなことしてるんだろう?』とバカバカしく思えてきます」

【関連記事】

内田有紀 大地真央に相談した“交際2年”柏原崇との仲

「ときめきを捨てる…」40代女子のためのお見合いの掟5
精神科医が分析する”なぜかネコにだけ優しい人”の心理

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング