新田恵利 闘病のなか始めていた“認知症母”の介護生活

投稿日: 2014年11月05日 08:00 JST

 ‘85年におニャン子クラブ会員番号4番として芸能界デビューした新田恵利(46)。来年、芸能生活30周年を迎える彼女だが、今年9月には85歳の母が骨折のため入院。最近のブログでは介護の様子も明かしている。

《朝から洗濯機を2回回し、旦那に朝食を作り、ワンコにも朝食。家中のゴミを集め、旦那を見送りながらゴミを持って行って貰い、母の様子を確認。初めて車イスで病院へ行く事になったので、洋服を用意!》(10月27日付)
 
そんな新田は、介護生活について次のように語る。

「母の介護は軽い認知症の症状もあったので、ブログに書くべきか悩みました。でも私と同年代の方やファンの方も“親の介護”に向き合い始める時期だと思い、参考にしてもらえればと考えブログで公表することにしたんです。おかげさまで母は退院しており、頭もはっきりしています。役所で介護認定を受けるための手続きをしたり、大人用のオムツを買いにいったりと大忙しのうえ、突然のことでしたのでわからないことばかりでした」 

実は彼女自身も、体調問題を抱えている。

「昨年4月、テレビ番組『主治医の見つかる診療所』(テレビ東京系)で、人間ドックを受けたら、軽度の心臓の疾患と脳動脈瘤(脳動脈に発生する瘤)が発見されたんです。手術を受けるかどうか決定するまでは数カ月かかり、私も思い悩みました。しかし大きさが5ミリ以下だったこともあり、手術は受けないことにしました。経過観察は必要ですので、今後も毎年ゴールデンウィークあたりには、検査をすることにしています」

9月には舞台初出演も果たした新田。仕事に主婦業に介護にと大忙しの日々だが、実は新たな目標も……。

「実は脚本を書きたいと思っています。元々、文章を書くことが好きで、すでにエッセイや小説は書いているんです。昔、ある脚本家の方から、『(小説の文章に)会話が多いので、脚本家に向いている』と、言っていただいたこともあるんですよ。そんなことを考えていた矢先に9月の舞台のお話しがありまして……。舞台では役者としての視点ばかりではなく、脚本家としての視点でも勉強させていただきました」

来年の芸能生活30周年では、新たな顔もみせてくれそうだ――。

【関連記事】

おニャン子着用セーラーズ社長が語る突然の閉店のワケ

「紅白に出てほしい80年代アイドル」ランキング女性編
年3億稼ぐ女性社長に学ぶ「切り捨てて増やす」金銭哲学

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング