「AKBだから…と思われたくない」川栄語る女優業への思い

投稿日: 2014年11月17日 07:00 JST

「あのコは『AKB48』だから、ドラマに出ているんだって思われたくない。逆に、川栄って『AKB48』の出身だったんだね、って思われるような女優になりたいです」

 こう語るのは、宮藤官九郎の脚本で話題のドラマ『ごめんね青春!』(TBS系)で、お嬢様高校・聖三島女学院に通う、神保愛を演じている川栄李奈(19)。

「今回の役は、外にいるときはおとなしそうにしていて、教室内ではすぐキレるキャラクター。いちばん苦労したのは、お嬢様の雰囲気を醸し出すこと。自分とかけ離れているから、しぐさとか細かい部分が大変で。まずは撮影前に、背中に定規をあてて猫背を直すようにしました(笑)」

 絶叫して「キレる」川栄の演技は、現場でも定評があるようで、主演をつとめる関ジャニ∞の錦戸亮からも絶賛されたそう。

「錦戸さんからは、『(キレる演技の)切れ味がすごい』って褒めていただきました。宮藤さんも私の演技を見て、笑ってくれて。すごくうれしかったですね。私生活でキレることはないんですけど、人より声が大きいので、そこは自信がありました」

 同年代の共演者が多い現場は、にぎやかな様子。

「お芝居は皆、競いあうようにしてアドリブを入れてくるので、とにかくテンポが速い。とくに男のコたちの演技はリズムがよくて、いつも勉強になります。私は、まだタイミングをつかみきれてないので、そこが今後の課題ですね」

 同作で、女優として憧れの満島ひかりとの共演が実現し、幸せだと話す川栄。

「満島さんは、昔から大好きな女優さん。満島さんもアイドルから女優になった方だから、自然と重ねてしまうんですよね。将来的に、私も満島さんのような演技派女優になりたい。撮影終了までに、満島さんから学べる部分をどんどん吸収していきたいと思います」

 アイドル以外の場での活動が、AKB48での自分を見つめるきっかけになったそう。

「後輩に先輩としての背中を見せなきゃ、と思うようになりました。自分の活動に胸を張れる先輩になりたいです」

【関連記事】

米倉涼子「失敗しない女優に…」NYでの“地獄特訓”計画

爆問・太田 AKB切り付け事件に激怒「俺のとこへこい!」

襲撃事件の影響で…AKB握手会が「お話し会」に!?

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング