羽生結弦 ジャンプ失敗の原因は「激突時のトラウマ」との声

投稿日: 2014年12月03日 07:00 JST

関連キーワード

「衣装で見えませんが、羽生選手は痛めた右足首と左大ももにしっかりとテーピングを施していました。満身創痍の状態でリンクに立っていたのです」(フィギュア関係者)

 11月28日の『NHK杯』ショートプログラムで、ジャンプのミスが響き5位と出遅れた羽生結弦選手(19)。翌日のフリーの演技でも調子が戻らず4位に終わったが、かろうじてグランプリファイナル進出を決めた。だが実は中国杯での激突の後遺症は体だけでなく、むしろ“心”に大きな影響を及ぼしていたという。

「羽生選手が激突したのは、ちょうどジャンプを跳ぼうとしたときでした。その瞬間に感じた恐怖は、すぐには消えないでしょう。連盟は『羽生選手がジャンプを踏み切るときに芽生える恐怖が必ず次の大会以降トラウマとなり、心の後遺症として競技に影響する』と指摘しました。そのため羽生選手の実母に“メンタル面をしっかりとサポートしてあげて欲しい”と依頼したそうです」(スケート関係者)

 精神力は強いといわれている羽生だが……。

「羽生選手は精神を集中するために瞑想したり大きく深呼吸するなど、心を落ち着かせる努力を続けていました。トラウマを克服するためには演技中の集中力を高めることが必要だと感じていたため、いつも以上に時間をかけていました」(別のフィギュア関係者)

競技中も羽生は、その恐怖のトラウマと闘っていたのだ。

「羽生選手にとって、激突のトラウマがどれほど大きいかは計り知れません。4回転ジャンプ失敗も、跳ぶ瞬間に恐怖が甦ったのが原因でしょう」(別のスケート関係者)

 12日開幕のグランプリファイナルでは、心身ともに回復し、ユヅ・スマイルを!

【関連記事】

羽生結弦 流血負傷の激痛消した!?“カリスマ整体師”の気功

羽生結弦選手ついに金メダル!彼を支えた心の歌とは!?

羽生結弦 園遊会特注スーツに“紳士服売場主任”母の経験

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング