たかじんさんの妻さくら氏『殉愛』に書かれなかった元夫が結婚認める

投稿日: 2014年12月17日 07:00 JST

やしきたかじんさん(享年64)の妻・さくら氏(33)の経歴が注目されている。百田尚樹氏(58)の著書『殉愛』は故人のメモに加え、さくら氏の証言などをもとに構成しているが、イタリア人男性との結婚は書かれていなかった。これに対して“重婚疑惑”が指摘されていたが、彼女は「12年3月に日本国内での離婚が成立した」と疑惑を否定している。

だが、行政書士の荒木康宏氏は「原則的に国際結婚や離婚は双方の国で書類を提出しなければなりません。イタリアで婚姻届を提出していた場合、離婚するにはまず別居の申し立てが必要。そこから3年後を待って裁判所へ申請をし、離婚が成立するのです」と語る。さくら氏は「離婚に向けての話し合いを始めたのは11年5月」と語っている。イタリアで結婚届を提出していれば、離婚が成立するのは早くても14年5月以降となる。

次に、たかじんさんと出会った当初、さくら氏は彼を知らなかったと証言している。だが彼女は兵庫県明石市に育ち、地元の商業高校を卒業している。当時の同級生は「彼女は幼いころから明石に住んでいましたよ。この辺でたかじんを知らないのは、東京でタモリさんや北野武さんを知らないと言っているようなもの。ありえないでしょう?」と語った。

また『殉愛』によると、さくら氏は21歳のときに単身アメリカへ渡り、そこで一年半暮らしていたという。だがこの間、彼女は大阪府在住の男性と結婚生活を送っていたのだ。近所の住民は「たしかにそのころ彼女をよく見かけました。茶色の犬を連れて嫁いできてね。よく散歩していました。でもしばらくすると離婚して、姿を見なくなりました」と語る。大阪での結婚期間は2年にも満たなかったという。本誌はこの元夫に「A氏(さくら氏の旧姓)と結婚していたとお聞きしていますが?」と聞くと、彼は「はい」と告白。彼女と結婚していたことは認めたが、それ以上は一言も語らなかった。

さらにたかじんさんの遺産について、『殉愛』には《これらの金をさくらはまったく望まなかった。彼女が受け取ったのは、預金以外の大阪と東京のマンションの権利その他だけだ》とあった。だが、関係者は「遺言執行人が金庫に2億8千万の現金があったと確認していますが、彼女は『2年前からたかじんさんと業務委託契約と結んでいた』と主張。金庫のお金の1億8千万円が彼女のものというのです」と明かす。さくら氏は、週刊新潮12月18日号で「業務委託契約を結んでいたが、ただの書類にすぎず、1円ももらっていない。生活費で余った分を主人が私の金庫に入れてくれていた」と主張している。

今回、本誌は彼女にコメントを求めた。だが、締め切りまでに返答はなかった。

【関連記事】

たかじんさん長女「本当に父を愛していたなら、家族を貶める本など書かせないはず」

やしきたかじんさん「遺産10億円」に勃発した“骨肉バトル”
やしきたかじん TV復帰の陰に「実母が脳梗塞」闘病の悲痛

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング