中森明菜 極秘帰国!復活の陰にあった“ガガと同じ”超VIP待遇

投稿日: 2015年01月27日 00:00 JST

「中森明菜さんが、ようやくアメリカから帰国したそうです!すでに自宅に帰っていて、すっかり笑顔も戻ったみたいです」(芸能関係者)

 1月21日、5年半ぶりとなるニューシングル『Rojo―Tierra―』を発売した中森明菜(49)。28日にはカバーアルバム『歌姫4―My Eggs Benedict―』もリリースするなど、“完全復活”を遂げた。そんな明菜が新曲発売の直前に、極秘帰国を果たしていたという。

 昨年10月からロサンゼルスでレコーディングを行っていたという明菜。昨年末の紅白出場はニューヨークのスタジオからの中継で実現させたが、その後も約3週間に渡ってアメリカでの生活を続けていたことになる。

「滞在先には、ラスベガスの超高級ホテルなども使われたそうです。最高ランクの部屋は1泊約400万円というこのホテルには、スタジオも併設されています。快適さと豪華さをコンセプトにしたスタジオはレディ・ガガやビヨンセ、マドンナなどもお気に入り。いわば“歌姫の聖地”で、明菜はレコーディングを行っていたのです」(音楽関係者)

渡米直後は、久しぶりのレコーディングで心身ともに疲れた様子を見せることもあったという明菜。繊細な歌姫のため、レコード会社のスタッフが決死のサポートをーー。

「とにかく彼女の気分を損ねないことが最優先。スタッフはそれだけに心血を注いでいました。明菜さんが『気分転換のためにカバー曲を歌いたい』と言えば、好きな曲のリストを書きださせる。彼女がアレンジして歌ってみてしっくりくれば、すぐレコーディングに突入する……。レコード会社としては、オリジナル曲をすぐにでも歌ってほしいというのが本音です。 でも、彼女の意向には誰も逆らえませんでした」(別の音楽関係者)

結果、できあがったカバー曲は全部で数十曲にも及んだという。カバーアルバム『歌姫4』の発売前に、すでに『歌姫5』ができあがったといっても過言ではない数だが……。

「ただし、これらはすべて明菜の見切り発車です。実際にカバー曲を収録して発売するには、楽曲の権利者から使用許可をもらわなければなりません。そのため、同行したスタッフは帰国後も関係各所との折衝に追われることとなりそうですね」(前出・別の音楽関係者)

 歌姫復活の陰には、スタッフの“涙なしには語れない努力”があったようだ。

【関連記事】

中森明菜 父が告白「誤解が生んだ“家族との断絶”18年」

中森明菜 ファンクラブ会報に自らつづった“活動再開”
中森明菜 復帰見据え?“通販の健康器具”で鋭意筋トレ中

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング