「気がつけば90年」現役最古参歌舞伎俳優・94歳中村小山三

投稿日: 2015年01月31日 13:00 JST

「生まれたのは、大正9(1920)年の8月20日。さる年ですよ。“サル知恵に悪知恵”だって、自分で自覚してるからねぇ、私は(笑)」

 御年94歳とは思えぬハリのある大きな笑い声が、歌舞伎座の楽屋に響いた。

 中村小山三(こさんざ)。名門・中村屋の重鎮で、十七代目、十八代目、2人の中村勘三郎に仕えた現役最古参の歌舞伎俳優だ。4歳で中村米吉(後の十七代目勘三郎)に入門。以来90年間、女形として歌舞伎一筋に生きてきた。つい先日、楽日を迎えた歌舞伎座の1月公演にも出演している。

 長く続ける秘訣は?と尋ねると「そういう質問がいちばん難しいのよ」と、また大声で笑った。

「なんせ、子供時分はよくわからないでやってましたし、わかってきたころには戦争にぶつかってるし。別にやめようと思ったこともないし、今さら別の仕事に就くこともできないでしょ。そういうわけで、気がついたら90年ですよ(笑)」

 今夏には、芸歴最長役者としてギネスブックに載る可能性もある。ところが、当の本人は「何、ギネス?知らない、全然」と、素っ気ない。では、今の夢とは何なのか。

「夢?そんなもの、舞台に出ることよ。丈夫で元気で、舞台に出続けること。っていうより、今さらこの年になれば、夢なんて見たってしょうがないでしょ(笑)」

 十八代目勘三郎最後の舞台では、口上で共演していた。

「私は出る役がないんで、口上に一緒に出て挨拶しなさいって。私、口上でしゃべるの初めて。何をしゃべったらいいかわからなかったら、ちゃんと台本をこしらえてくれて。私の芸歴をしゃべるわけです。それが最後の置き土産みたいなもんでしたね、勘三郎の。今になって思えばね」

【関連記事】

香川照之 梨園デビューから3カ月「歌舞伎はもうやめたい…」

いま話題の歌舞伎“絶対に損をしない”入門者向け演目
坂東三津五郎 歌舞伎降板で長男にかかる“跡継ぎの重圧”

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング