元「THE BOOM」山川率いるバンド「1-GATA」が歌う理由

投稿日: 2015年02月07日 12:00 JST

 1月25日、青山のライブハウスでのイベントで、「1-GATA」というバンドが正式デビューした。ベースの山川浩正(49)は昨年末、日本武道館ライブで解散した「THE BOOM」のベーシスト。キーボードは熊本を拠点に活動する作曲家で、グラフィック&音楽制作会社を経営する吉田敬(36)。ボーカルの中新井美波(23)は、陸上競技中距離で駅伝区間賞や新記録を出し、昨年10年間の現役生活を引退した元アスリートだ。

 この3人の共通点は、“1型糖尿病”という病を患っていること。この日のイベントのタイトルは『「1型糖尿病」の絵本を贈ろう!チャリティライブ』。主催は、1型患者と家族の会の日本IDDMネットワーク(以下日Iネット)。その専務理事で、自身も1型のエアロビック競技選手・大村詠一さん(28)はこう話す。

「1型のスポーツ選手はいますが、1型だけのバンドは、僕の知る限り世界初じゃないでしょうか」

 ところで、「1型糖尿病」をご存知だろうか。生活習慣病といわれ、日本人糖尿患者の約95%を占めるのは「2型糖尿病」だ。1型は2型とは全く違う。小児発症が多く、かつては「小児糖尿病」と呼ばれていた。

「1型は突然、発症します。自己免疫で、膵臓(すいぞう)の中にあるインスリンを作る細胞を破壊してしまい、インスリンが欠乏する病気です」(大村さん)

 インスリンとは、糖を全身の細胞に受け渡す働きをする唯一のホルモンだ。欠乏すると、糖を細胞に取り込めず、血液中に糖があふれ高血糖になる。治療は注射器などで、インスリン製剤を注入するしかない。その量が多すぎれば、昏睡から死をも招く低血糖になり、足りなければ高血糖が続いてしまう」

「厳密に治療を行う必要がありますが、注射を打つのは患者自身。食事のたびに血糖値を測り、適量のインスリンを見積もって打つわけです」(大村さん)

 それが毎日、一生続く。

「低血糖になれば、即座に糖分を補う必要があり、学校でも飴やジュースは欠かせません。でもクラスの子から『なんで大村くんだけ?』『ズルい』と言われ、つらい思いをしたことがあります」

 そういって、8歳で発症した大村さんは苦笑した。偏見から、イジメられる患児も多い。だから――。「1-GATA」は始動した。音楽を通して、1型糖尿病を正しく、より多くの人に知ってもらうために。子どもたちに病気があっても何にでも挑戦できると、大きな夢を抱いてもらうために。

 リーダーの山川はメンバーで唯一の“大人発症”。「僕は、仕事で沖縄に滞在中、緊急入院となったんです」。’14年1月末から口渇が出て、大量に水をのみ、頻繁にトイレに行く。2週間で10キロ痩せ、沖縄に入る飛行機でも、離陸後ベルト着用のサインが出るまでの20分、トイレが我慢できなかったという。到着2日後の夜、病院へ。

「付き添ったスタッフが言うには、僕は真っすぐ歩けていなかったそうです。ICUに2日間入って、気づくと手足に8本くらい点滴が刺さっていました」

 診断名は、急性発症1型糖尿病。それから11カ月。今ではすっかり自己注射にも慣れたが。

「最初は戸惑いの連続でした。ネットで調べ、治らない病気とわかる。治らないと思えば落ち込む。でも大村くんのように活躍する1型のスポーツ選手は何人もいる。大丈夫。なんとかなる。そんな思いが交錯しましたね」

 1型初心者の山川をすくったのは。10数通の手紙だった。《一緒に頑張ろう》《またげんきになられて、すてきな音がくをきかせてください》。ニュースで山川のことを知った名古屋の『ソレイユ千種クリニック』に通院する1型の子どもたちや親御さんからのもの。

「この手紙を見たとき、全国で待っているファンの姿が重なった。ここで落ち込んではいけない。『負けちゃいけない』というモチベーションになったんです」

 ’14年5月31日、東京・青山で日1ネットのシンポジウムが開催された。山川はゲストとして招かれ、中新井と吉田は患者として登壇。悩める1型ホルダーや家族の相談にのった。打ち上げの席で挨拶をした山川は、多少のリップサービスで、こう言った。

「ここにいる吉田くんも同じミュージシャンです。近い将来、一緒に(バンドを)やれればいいなって思ってます」

 挨拶の後、ツカツカと中新井が山川に歩み寄った。

「私もバンドやりたいです。歌いたいです!」「私、けっこう本気です!」

 山川は言う。「彼女、2回も言ったんです。目をキラキラと輝かせてね。2回言うって、本気かな。面白いコだなと思いました」。新たな夢の歯車が、その瞬間、回り始めた――。

 ステージで、デビューシングルとなった『キミ』が始まった。レコーディングでは13時間半、中新井が歌い続けたというバラードだ。キミとは1型糖尿病のこと。思いがこもっていた。

《気付いたら 隣にいて 君のことで随分悩まされた》
《君に「ありがとう」を云うよ 大きな希望に向かって 共に走る仲間たちが 僕の味方》

 中新井の目から、突然、玉の涙がキラリと落ちた。1つ、2つ、ポロリポロリと、ライトを浴びて光る涙の粒。

 さあ、ここがスタートライン。伝えたいことを真摯に伝える「1-GATA」、発進だ!

【関連記事】

THE BOOM宮沢和史『島唄』20周年の歩み

自殺から1年…元X・TAIJIが語っていた"メンバー再開の夜"
コブクロ「大成功した路上ライブは一度もない」と語る理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング