『マッサン』エリー 夜の小樽で腕組みしていた玉鉄じゃない男

投稿日: 2015年03月05日 06:00 JST

 2月23日、北海道余市町でオールクランクアップを迎えたNHK連続テレビ小説『マッサン』。最終ロケが行われたのは、余市町のニッカウヰスキー蒸留所だった。ロケが終わったのは予定より1時間遅い、夕方5時過ぎ。100人近いスタッフやマスコミに見守られ、建物から出てきたエリー役のシャーロット・ケイト・フォックス(29)の目には、涙が――。

 そして夜6時からは、工場内にあるニッカ会館のレストランで打ち上げが開かれた。これがこの夜の“打ち上げ”1次会。19時半に会場を後にした一行は、今度はホテルがある小樽市内に移動して、“2次会”の会場に向かった。夜9時過ぎの小樽の街はマイナス1度まで冷え込み、人影もまばら。繁華街を歩くシャーロットに誰も気づかない。入ったのは、炉端焼きの店。「全部で50人ほどの会でした」と話すのはNHK関係者。

「楽しい打ち上げでしたよ。魚やお鍋を食べながらの飲み放題で、ひとり4~5千円でした。シャーロットさんのスピーチもありましたが、英語で話して通訳されていました。でも『ありがとう』など、要所は日本語で話していました。和やかな雰囲気でしたよ」

 シャーロットがスタッフ2人に両脇を抱えられるように外へ出て来たのは、夜11時半過ぎ。スタッフら10人ほどとともに、ラーメン屋に入った彼女は、これでホテルへ帰るかと思いきや、最後の“4次会”会場へ向かった。一行は、小樽運河沿いの情緒ある建物を見ながら、徒歩で近くのカフェバーへ。

 だが、ここでちょっと気になる場面を本誌は目撃。さっきも彼女を支えていた男性スタッフの1人と、シャーロットは今度は2人きりで腕組みしながら、店に入っていったのだ。“夫”役の玉山鉄二(34)じゃない男性とのツーショットに、目撃した本誌記者はドキッ。

「みんな、撮影がすべて終わったこともあって、とても楽しそうでした。特にイベントがあったわけではなく、普通に飲んでましたよ。シャーロットさんは、ビールを飲みながら日本語でスタッフとしゃべっていました。よほどご機嫌だったのか、ずっとアカペラ(無伴奏)で歌ってるんですよ(笑)。玉鉄さんは竹鶴のハイボールを飲んで、スタッフの人たちと『あのときはね』と熱く撮影を振り返っていました」(NHK関係者)

 4次会終了は、開始から7時間が過ぎた夜の1時過ぎ。この日、やり切った爽快感に、深夜まで酔って、歌ったシャーロット。日本で得たものを胸に、彼女はさらなる飛躍を遂げるはずだ――。

【関連記事】

ハリウッドも一目置く、『マッサン』にエリーを推薦した日本人女性

『マッサン』エリー役が日当3万円に「平成最安ヒロイン」の声

『マッサン』ヒロイン 日本語習得に“週40時間”の地獄特訓

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

関連キーワード

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

水晶玉子さんが語る「物事が大きく発展する“吉兆日”はこの日!」2018.05.09

3年目を迎えた本誌連載『オリエンタル占星術』が大人気の占い師・水晶玉子さん。'17年末に、『水晶玉子縁結び開運バイブル2018』(光文社刊)を出版した記念として、4月16日、都内の光文社にて、水晶玉子...


ランキング