秋吉久美子 長男の死から2カ月…傷心支える「車椅子の愛犬」

投稿日: 2015年03月19日 13:00 JST

「絶望から希望に向かっている被災地でのイベントが風化するようなことがあってはならないですし、大事なのは心の復興です」と壇上で、スピーチしたのは秋吉久美子(60)。

 3月11日、彼女は福島県郡山市で開催された東日本大震災復興イベント『福魂祭』に参加していた。東京都内の病院で、転落死したとみられる秋吉の長男A氏(享年35)の遺体が発見されてから約2か月になる。

福魂祭では福島県産食材で作った豚汁を配る野外ブースがあり、秋吉も笑顔でPR。だが会見では逝去した息子については一言も語らず、本誌がイベント会場でコメントを求めたときも、「お察しください……」と顔を伏せ、絞り出すように語るのみだった。

「Aさんは結婚していましたが、お子さんはいなかったそうです。両親も他界していて、秋吉さんの肉親は埼玉県に住む、2歳年下の妹さんだけになってしまいました。昨年秋には(2番目の夫の)グレンさんとも離婚しましたし、秋吉さんにとっては辛い日々が続いていますね……」(秋吉の知人)

 そんな彼女の心の支えになっているのが、車椅子生活のトイプードル・フランソワーズくん(10歳オス)の存在だという。愛犬について秋吉はスポーツ紙のインタビューで次のように語っている。

《子犬のころ、狩猟犬にかまれて背骨を折り、下半身麻痺で…。排尿も自分ではできないから、しょっちゅう膀胱結石とかで入院するの》

 秋吉の実母が亡くなったのは’06年のことだったが、当時は子犬だったフランソワーズくんが、悲しみを癒してくれていたのだ。福魂祭開催の翌日の12日、郡山市から東京に戻ってきた秋吉は、預けていたフランソワーズくんのもとにまっすぐに駆けつけたという。

「夕方の公園で、後ろ足に車輪を付けたワンちゃんを散歩させている秋吉さんを見ました」(公園の近所に住む女性)

 秋吉が目撃された公園は、長男が非業の死を遂げた病院から車で5分ほどの距離。“あなただけは私を置いて逝かないでね”――。次々に家族を失った秋吉にとって、それは切なる願いだろう。

【関連記事】

浅田真央 実母の死から1年…復活の陰に「空白の2週間」

桜塚やっくん 事故死から四十九日「今も息子の声が…」と母
風見しんご 愛娘事故死から5年で語る「毎晩あの現場光景が…」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング