谷原章介 6人目出産の妻に誓った「門限0時」のパパルール

投稿日: 2015年03月20日 16:00 JST

 12日、谷原章介(42)主演ドラマ『警部補・杉山真太郎 吉祥寺事件ファイル』(TBS系)の打ち上げが都内のホテルで行われた。デビュー20周年を迎える谷原だが、意外にも今作品が民放連ドラ初主演。「3人の子持ち刑事」という役柄が5児パパな実生活と重なっていることもあってか、並々ならぬ意気込みで撮影に臨んでいたという。

 実際、この日も午後6時半のスタート時間より30分早く会場入りした谷原。出迎えてくれたスタッフたちに深々と頭を下げ、義母役の高橋恵子(60)を見つけるとお辞儀しながら両手を添えて握手していた。さらに、“おめかし”をした本田望結ちゃん(10)やその他の子役たちにも目線を落として満面の笑みで挨拶。主演としての周囲への気配りが伺えた。

「谷原さんはスタッフ全員の名前を憶えるだけでなく、毎日のように差し入れもしてくれました。撮影最終日は叙々苑の焼き肉弁当で現場の士気も上がりました」(ドラマスタッフ)

 1次会には約100人が参加。ここでも谷原は太っ腹な“差し入れ”を!

「余興でくじ引きが行われたのですが、谷原さんが景品として50万円もの商品券を差し入れしてくれたんです!スタッフはみんな大興奮でした(笑)」(参加者)

 そんな熱狂の渦に包まれた1次回は8時半ごろに終了。子役たちはここで帰宅することになり、谷原は一緒にガッツポーズをしてお別れをする。その胸には、望結ちゃんとの2ショット写真の缶バッジが。まるで実の父子のような仲良しぶりだった。

「この日は『王様のブランチ』の撮影があって、谷原さんは望結ちゃんと昼間から一緒だったそうです。望結ちゃんは、谷原さんのことを本当のパパのように慕っています。ドラマ撮影中、谷原さんがずっと遊んであげていましたからね」(前出・ドラマスタッフ)

 大人たちは、そのまま近くのバーダイニングで2次会を開始。出てきたのは、日が変わる午前0時より少し前だった。出口に立ち、ひとりひとり丁寧に見送る谷原。だが、どこかそわそわした様子だ。挨拶を済ませた谷原は車に乗り込み、大急ぎで去っていった。

「谷原さんは0時までに帰ろうとしていました。奥さんは現在妊娠中で4月に第6子の出産を控えていますからね。5人の子どもと臨月妻を気遣っていたようです」(スタッフ)

妻に誓った“門限0時”のルール。ドラマ収録後も、子持ちパパの気配りは続く。

【関連記事】

谷原章介、堀ちえみ、橋下徹市長…「子だくさん」は“B型夫婦”

谷原章介 不惑の親孝行!74歳実父へ「6億円豪邸で同居提案」
不幸グセ、アウトロー…新ドラマは「ダメ夫改造」の教材

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング