「“郷ひろみ”を極めたいだけ」本人が語る“とことん突き詰める力”

投稿日: 2015年03月23日 08:00 JST

「デビューしたときは、100枚出すなんて想像もしなかった。感無量ですが、大切なことは枚数ではなく、僕にとってのビッグイヤーだということ。僕のラッキーナンバーが2と7。縁があるのは5という数字。今年は平成27年。5月に100枚目のシングルが発売、10月に60歳になる、といういろいろなことが重なります。“僕の成功は60歳から始まる”とずっと考えていたので、その成功の始まりの年でもある。楽しみにしていた60歳なので、高い意識を持って1つ1つ間違いなく種をまいて、大きな花を咲かせていきたいですね」

 そう語るのは’72年のデビューから40年あまりを経て、5月20日に100枚目のシングル『100の願い』を発売する郷ひろみ(59)。この偉業を成し遂げたのは、あるべき姿を突き詰めてきた結果だと、彼は振り返る。

「デビューした10代のころは、初めは自分ではあまりよくわからずに活動していて、徐々に理解していったという感じ。20代はいろいろ揺れ動きました。たくさんのターニングポイントがありましたね」

 30代になると、アメリカ留学や結婚、離婚、再婚など多くのことを経験したことで、さらに「もっとかっこいい曲を歌いたい」という思いが強くなっていった。

「でも、40代後半から50になるぐらいから、そんな気持ちも吹っ切れて、郷ひろみっていうのは、やっぱり歌謡曲のど真ん中、ジャパニーズポップスのど真ん中にいるんだなと思い、『お嫁サンバ』や『2億4千万の瞳』を歌うのに、躊躇も抵抗もなくなった。ここを一生懸命突き詰めていくことが多くの人に喜んでもらえたり、郷ひろみっていう存在をアピールできることなんだ、と。僕がアイドルであるか大人の歌手であるか、それは見ている人が決めればいいと思っています。僕は何かっていうと“郷ひろみ”なんです。郷ひろみを極めているだけなんです」

 極めるには、何事も完璧に近づきたいと彼は言う。

「人間は大抵、100%やると、安心しちゃうし、できた!と思ってしまうけど、大事なのはそこから。100%できたことを何度も繰り返すと、隙間やアラが見えてくる。あるいは違う方法が。僕はその隙間を埋めていく作業をして、もっと上を目指します。だから終わりがない。完成された作品とか完成度の高いものはあっても、完璧はない。でも完璧にいきたい!完璧にいきたいために隙間を埋めて完璧に近づきたい!ってだけなんです」

【関連記事】

「モテると思って…」郷ひろみが肉体鍛錬を始めたワケ

郷ひろみ 教育パパ宣言!週5で習い事計画
林家ペー「きっかけは郷ひろみ」アフロ誕生エピソード披露

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング