板尾創路 長女急逝から6年「忘れたことは1日もない」

投稿日: 2015年04月01日 07:00 JST

「この10年を振り返ってみると、これまでの僕の人生のなかで、いちばん変化のあった10年でしたね。そのなかで、いちばんの出来事は、やはり、長女の誕生と突然の死。それも、きちんと日記に残せたことは、僕自身にとってよかったと思う」

そう語るのは板尾創路(51)。自身の365日を綴った『板尾日記』(リトル・モア刊)を最初に出版したのが06年。この2月末に、最終巻となる『板尾日記10』が発売になった。『板尾日記』では、仕事や彼の内面の思いのみならず、私生活についても綴ってきた。

「子供や身内を亡くされた方から、僕の本を読んで慰められたとか、『つらい思いをしているのは自分たちだけではないとことがわかりました』という内容の手紙もいただいて……。
そういう意味でも『板尾日記』を出してよかったし、出した意味があったのかなと思っています」

彼は’98 年に8歳年下の一般女性と結婚。’07年9月に長女が誕生した。しかし、彼女は09 年8月、突然死去(享年1歳11 カ月)した。

「長女を亡くした直後の僕を支えてくれたのは……やはり、奥さんです。僕より彼女のほうがはるかにつらかったはずです。自分のおなかを痛めた子ですからね。いまもそうですけれど、母親として、わが子を亡くした悲しみはけっして癒えることはないし、悲しいときは泣けばいい。そのときは、慰めの言葉をかけるより、本当にそばにいてあげて、彼女が話をしたいときに聞いてあげる。それだけでいいと思ったし、何より僕が一生懸命仕事をしている姿を見せることが、彼女にとって、たぶんいちばんいいことだ、と思いました」

長女急逝の3年後、12年6月には夫婦に次女が誕生する。

「次女については正直言って、長女を亡くして、また子供をつくって、その子を長女の代わりにかわいがるというのはどうなのか……と思うところはありました。でも、産むのは奥さんですから。彼女に『ほしい』という気持ちがあるのなら、絶対つくったほうがいい。そう考えて、全身全霊で彼女に協力しようと思いました。日記には、折に触れ『4人家族』という言葉が出てきますが、うちは、僕ら夫婦と娘2人の4人家族だと思っています。長女のことは、いまでも1日たりとも忘れたことはありません。彼女は、僕と奥さんとの間にできた命ですから。2人が存在し続ける限り、魂とか、意識はないけれど、彼女は生きているんじゃないか。次女のなかにも『おねえちゃん』として存在しているんじゃないか……。そんな気がします」

【関連記事】

草刈正雄 血だまり路上現場で亡き息子へ“涙の土下座”

風見しんご 愛娘事故死から5年で語る「毎晩あの現場光景が…」
奥大介さん「娘に会いたい…」消えなかった我が子への思い

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング