「死んでからもずっと勉強」74歳女性アナの仕事の姿勢

投稿日: 2015年04月05日 09:00 JST

 隔週連載《中山秀征の語り合いたい人》。今回のお相手は、日本を代表するアナウンサーでありながら、肩肘を張らない自然体なたたずまいが魅力的な加賀美幸子さん(74)。’63年にNHK入局。以来ジャンルを問わず活躍し、’00年の退職後もフリーアナウンサーとして精力的に活動を続けている。

中山「今はフリーのアナウンサーとして本当にお忙しい毎日だと思いますが、健康の秘訣ってありますか?」

加賀美「仕事でしょうか。どんな仕事でもいいし、なければ考えて、自分の仕事を作ればいいのではないでしょうか」

中山「なるほど。自分で見つけて、それに全力を注ぐ。すると、今後の夢というと」

加賀美「それは、ずっと勉強を続けることですよ!ホリスティック医学の第1人者・帯津良一先生と今も雑誌で対談をしていますが、『私のこの年齢で、新たな勉強に挑戦するのは無理でしょうね』と言いましたら、先生は『死んでからもずっと勉強するつもりでやれば、いつ始めたっていいんですよ。死んだ先のことは誰もわかっていない、死んでからも続けるつもりでやればいいじゃないですか』と。精神論ではなく、権威ある医学者の口からそれを聞いて、一気に元気になってしまいました(笑)」

中山「思い立ったら吉日ですね」

加賀美「はい。私もまだまだ挑戦していきますよ!そうやって『生き方のメッセージ』をいただき、放送やその他の機会にお伝えすることが、私たちの仕事でもありますね。そういうメッセージを相手から探すことも大切ですよね。質問しなければ答えは返ってきませんから」

中山「われわれの仕事は『聞く』ことですよね。聞かないことには出てきませんから」

加賀美「いかに聞くか。まさにそうだと思います。その昔、上司から『あなたは今どきはやらない』と言われ、番組が少なくなった時期があったんです。派手ではなく地味が好き、あまり多くしゃべらないし、と」

中山「『みんなはもっと多くしゃべるよ』って?」

加賀美「ええ。だけどそのとき、はやるものはいずれ廃れるわけだから、“今どき”じゃなく、いつの時代も変わらない姿勢でいようと思ったんです。それからは、それまで以上に『聞く』ことを大事に、ひたすら人の話に耳を傾けました。それが宝になり、私の持ち味にもなり、仕事も多くなり、今に続く道になりました」

中山「“時代に合わせず、一貫した姿勢を保つ”。僕も絶対にそうだと思いますし、今日、加賀美さんのお話を伺って、あらためて強くそう思いました」

【関連記事】

有名女性アナ2人が語った「テレビ局の“男尊女卑”実態」

結婚かフリー転身か…現役アナ語る“30歳定年説”の真相
フジのブランド力に陰り…新人女子アナに映るテレビ局の勢い

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング