タモリ いいとも終了から1年…昼はサングラスなしで逆変装

投稿日: 2015年04月08日 13:00 JST

昨年3月31日をもって32年の歴史に幕を降ろした『笑っていいとも!』(フジテレビ系)。タモリ(69)がお昼の時間帯から姿を消した。あれから早1年。当初は周囲に「昼間から酒を飲みたい」と語っていたというが、本当にそんな悠々自適な生活を送っているのだろうか? そう思った記者は、都内にある自宅へと向かった。

4月上旬の昼11時ごろ、夫人と出てきたタモリ。意外だったのは、トレードマークのサングラスではなく普通の眼鏡をかけていたこと。芸能人はサングラスで顔を隠すことも多いが、彼の場合はサングラスをかけないことが逆変装になるようだ。その効果はてきめんで、周囲では誰も彼がタモリだと気づく人はいなかった。

「『いいとも!』卒業後のタモリさんは、これまで支えて続けてくれた奥さんへの“恩返し”に精を出しているそうです。毎月のように京都へ旅行に訪れるほか、『今度は展覧会にも連れて行きたい』とも言っていました」(芸能関係者)

 実際、この日も堂々の昼デートを楽しんでいたタモリ。夫人がタクシーを止めると、2人で都心へと消えて行った。そんな愛妻とゆったりとした毎日をすごしている……かと思いきや、そうとばかりもいかないようだ。

「『いいとも!』が終了しても、彼にはまだ4本もレギュラー番組が残っています。それぞれ違ったジャンルですが、豊富な知識で飽きさせない。今年で70歳になりますが、ここまで徹底できる人はほかにいませんよ」(前出・芸能関係者)

かねてより、その引き出しの多さに定評があるタモリ。多忙ななか、いつの間に情報収集をしているのか。そんな疑問の“答え”が垣間見せたのは、翌日のことだった。この日、彼がいたのは東京都内にある武蔵小山の商店街。昨日同様、サングラスではなく眼鏡姿。マスクをしているが、これは5年ほど前から花粉症を発症したためだという。

 ふと足を止めたのは、スーパーの前。その横にひっそりと立っていた朝日地蔵尊に目を止める。安産、厄除け、子育てなどにご利益があるお地蔵様だそうで、その由来が書かれた石柱などを10分以上も読みふけっていた。その間、スーパーには何人もの客が出入りしていたが、やはり誰ひとりとして気づく人はいない。結局、1時間ほどブラブラと街を散策。そんな隙間時間での“隠密行動”が、豊富な知識の源泉となっているのだ。

この2日間は昼酒こそ飲まなかったものの、タモリは十分お昼を楽しんでいるようだ。

【関連記事】

タモリ 『いいとも』31年間で稼いだ「135億円の使い途」

30周年『笑っていいとも!』でタモリが隠したい唯一の失態
タモリ『いいとも』終了後、夢の昼酒を酌み交わした相手

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング